東京遠征日記

えー本題のライブレポとか全然書けてませんが、とりあえず書けてるところから遠征日記。


24日の朝昼特急で東京へ。吹雪いてたり晴れたりの景色を見ながら寝ながらのバス移動。
宿にチェックインした後、ちょっとお出かけ。坂本真綾@国際フォーラムまで行ってみた、チケットは無いが。ほら、名古屋では当日券、大阪では自由席(自分の席の後ろの通路に何人か立ってた)が出たくらいだから、これはひょっとしたら感覚で。同じ事考えてる人が2,30人くらいいた。


18;12くらいにスタートした。なんでわかるかって?入場口のコンコース付近までライブ音源が流れてたから。この時点でスタッフの人によると「若干あるかもしれない」ってこと。


さすがに絞り出しても10枚あるかないかくらいだったのか、本当に売切れってアナウンスが風待ちジェットくらいにあった。まぁこればっかりはしょうがない、いつもいつも都合の良い展開なんて無い。
ただ、その後入れなかった人たちのためにグッズ販売をしてくれた。この展開は意外だった。私はグッズは購入してるのでこの時点で撤収したが、少なくともスタッフの人の対応は好印象だった、自分の中では。
要するにもう1度FC入り直せ!ってこと。



後で東京のセットリストを見ると“走る”と“指輪”ですか…。それはそれでやっぱ生で聴きたかったよなあ。そういえば撮影用のカメラが入ってるってアナウンスがあったからこれはひょっとして…どうなんでしょうフライングドッグさん。