これは残念じゃない

試聴できる店でMay'nのミニアルバムをざっと聴いてみたけど、普通に良かったんですよ。


先日ラジオで流れてたのを聴いて第一印象が「こりゃあ残念な感じか?」って話になったんだけど、これ逆ですよ、逆。2曲目の“キスを頂戴”が良い感じの曲だったから。ざっくりな奥井雅美みたい感じかな、なのでガールロックなのでしょう。だから菅野よう子ファンタジーを期待する大多数の皆さんにとっては残念な結果なのかもしれない。


1人バージョンのライオンがちょっと残念なんだよなぁ。菅野よう子って「魔法使い」よりも「呪術師」なんじゃないかと最近思うわけで。それは歌い手にも聴き手にもなんだけど。歌い手自ら作り出したものが評価されない。また聴き手にはよくわからないプロデュース幻想があったり。歌い手の潜在的な能力を引き出す人なんだけど、自分のやりたいこと(=信念)を持ってる人には通用しないのかなあって。


ただ、こういうガールロックって正当に評価されないんですよ。だから菅野よう子プロデュースを踏み台に使うってやり方はアリだと思う。正直、ライオンやダイヤモンドクレバスみたいな曲の連続だったら確実に叩いてた気がする。むしろプロデュースするんだったら中島愛のほうが良いんじゃないかって思うんですよ。


あと、圧倒的な実力があるとも思えない。大多数がそこを勘違いしてると思うんだよなあ。それを踏まえて後日じっくり聴いてみたいんだけど。一過性の評価じゃなく、実力が正当に評価されるアーティストになって欲しいと思う雨の日でした。