ドロー沼から上がったらゼロ封ショー

CS+HDD生活。この日まで見た試合の感想。

   マンチェスター・シティ2-0アストン・ビラ
前半ビラgdgd、後半シティgdgd。週2回の試合となるとどちらの選手も露骨なヘロヘロぶりw夏でも冬でもしんどいものはしんどいんですね、わかります。
それでもライト=フィリップスがエバンスとのワンツーから抜け出して2点目を決め、PKの誘発プレーで主演と助演のW受賞ぶり。
ここ数試合のアイルランド先生の決定力不足ぶりは異常w


   ・鹿島2-0浦和
劣頭はもう少し時間がかかると思うけど、このフットボールは面白い。前線にどういうボールを供給するかと攻→守への対応だね。前線とボランチがポイントになるんじゃないのかな?って。ただ、この戦術が機能すると金八のフィードが生きてくるんだよな。
鹿島はどこまでも試合巧者、本当に強い。アクシデントが無い限り。ただ、ベタ引きの相手の時にどうするのか?が見たい。


   ・京都1-0神戸
なんか…微妙…な試合…。局面で妙な“間”があって面白かったが。
京都はイ・ジョンスが良かった、これは当たり外人。ディエゴは身体重そう、豊田は機能してない。昨年までの上積みが無い。選手の入れ替えでチーム力を上げるやり方って…どうなんでしょう。結果だけで内容が無かった。
神戸はアラン・バイーアが良かった、こちらも当たり外人。ただしマルセウとの相性は良くない。前目のポジションで使ってると、どうも1枚足りないんだよなあ…ディエゴにマンマーク作戦は失敗だと。明らかにナミルさんが浮いてた。こっちは結果も内容も見えてこない…うーん。
ただ、こういう選手が使われそうでこういう選手が干されるってことは見えたような気が。