キリンカップ 日本4-0チリ

ビエルサ、チリの監督だったんだね。知らなかった。



何も考えないで鶴ヶ丘駅の階段降りてたらマルちゃんがお出迎えしてくれたことにびっくり。



なんか、前半からシュートで終わるシーンが多くていつもと違うよなあって感じてた。しかもシュートタッチが良い感じに見えたから余計にそう思ったんだ。
チリのDFが岡崎に対してガツンと当たることが全く無かった。だから1点目の場面、簡単にボールキープできたと思う。


でも試合の主導権ってのはずっとチリが握ってた。岡ちゃんのやり方ってのは今日みたいな試合のように相手が前に出てくれると効果的にカウンターが発動できるけど、そういう相手ばかりでもないからなあ。
後半は簡単に前向かせてのドリブルってのがあって怖かった。それと組織を組み合わせることがビエルサさんのやりたいことなのか?って思う。だけど、終始ミスが多かった。
なんか4点目を絶賛するのはちょっと違うからそこは避けて。本田は良かったです。プレーの強引さってのが良い方向に向かってたと思う。これはどう転ぶかわからないけど…。山田君はよくわからなかったけど、玉田が悪かったのは確かだ。



代表だろうが、リーグだろうがどういう試合であれゴールシーンってのはいいものであれ、嬉しいものなんだってのは今日観戦して一番感じたこと。
あと客商売とはいえ、この客層を相手にするスタッフってのはさぞ大変だなあ…って思った。