May'n SUMMER TOUR2009 「LOVE&JOY」@ZEPP OSAKA

こう精神的にお疲れ気味とかストレス溜まってるとなぜか果敢に動いてしまう私。勢いと言うのかエスケープと言うのか…。
May’nは初見。いつかは見たいと思ってました。出来ればソロライブが良いなあ…。当日券で入場、左後方が思った以上にスカスカだったのでそこでまったりと見ることにする。女性客が多く…つーか全体的に若かった。開始2分前には一部客からの「部長!」コールに「うるさいボケ!」に大拍手、さすが大阪w


ライブはアンコール1曲目の「キミシニタモウコトナカレ」の後、突然声が出にくくなる。なんとか2曲目を歌って一旦出る。その後、ステージに出てきてこういう喉の状態なので歌えなくなってしまって申し訳ないって挨拶からバンドメンバー、ダンサーの紹介で最後に歌う曲のサビの部分だけ歌って終了って流れ。一旦出た直後は久々に現場がパニックになった。


アンコール時の話はまた今度ってことで、今回のレポートはアンコール前までのことでのライブの感想。
以前のエントリーで「ガールズロックを目指せ!」みたいなことを書いたが、生で聴いてみて「ポップス」ってことに気づいた。ポップスが良い悪いって話じゃなくて、そういう方向を志向してるみたいなんだけど、客席がその志向に対してうまく受け取れてないような空気があった。前方と後方では客のリアクションがバラバラ。
で、当の本人も軸がぶれてるのかどうか怪しいのだけど…どうも迷走してるように感じた。そう感じてしまうのも今回のステージ構成ってのが正直悪かった。その…なかなかノリ切れない感じが。

マクロスF絡みの曲ってのは盛り上がることは予想通りなんだけど、それ以外の曲との差が激しいので、そこはどうなんだろうって思いながら見てた。それでも「ノーザンクロス」は圧巻だった。


セットリスト

1. M-Revolution
2. May'n☆Space
3. What'bout my star?
4. Welcome to My Fanclub's Night
5. Infinity
6. 妖精
7. キスを頂戴
8. WHY?
9. XYZ (新曲)
10. Let Me Be Myself (新曲)
11. BLUE (アコースティック)
12. グランドピアノ (アコースティック)
13. 嫌、嫌〜Glorious Heart (アコースティック・SPメドレー)
14. Get Ready!! (新曲)
15. ライオン〜May'n ver〜
16. ノーザンクロス
17. 射手座☆午後九時Don't be late

EN
1. キミシニタモウコトナカレ
2. My Teens My Tears