予定を立てよう 10月と11月

ここ最近、色々な行事が決まって週末の予定が埋まり、気がつけば毎週イベント事があるんじゃないの?ってことに。
よくよく考えたら、昨年も秋口には色々なイベントが開催されたよなあ。学園祭とか以外でも。それはそれで嬉しいことなんだけど、フットボールとか他の絡みもあって難しいことにもなる。
10月にはモモーイのツアーもあるし、気になるアーティストが出てるミナミホイールにも行ってみたい。
11月にはドリパもある。
http://www.dreamparty.jp/news/dreamparty2009%e7%a7%8b%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%ab%e3%80%8e%e5%a5%a5%e4%ba%95%e9%9b%85%e7%be%8e%e3%80%8f%e5%87%ba%e6%bc%94%e6%b1%ba%e5%ae%9a/
まさかこういうイベントに出るとは夢にも思わなかったんだけど、これはこれで楽しそうだからもちろん参加します。高くジャンプしすぎてレギュレーションに引っかからないようにしなければ。


で、10月にはこんなイベントも
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2009/09/2009_12522161145.html
マチ★アソビ vol.21 2018.09.22~10.08開催
四国出身のくせに徳島とかちゃんと行ったことがない自分。正直行っても鳴門までか通過してしまうことが…。
ufotable厨としてはここは参加するべきなんですけどね…色々な予定とかの調整が。センコロールと愛生さんのステージが見たい。坂本真綾はナレーションとして出るんですよね。



ここからは少し話がそれてしまうけど。
どういう形であれ、こうして地域に活気を与える存在になるのは、どんなものでも良いと私は思ってる。それがスポーツであれカルチャーであれ。
地方分権が叫ばれ、地域密着が賛辞のように扱われるけど、活気を与える存在に対しての扱い方が軽いように思われる。別に文化財とかまで言わないけど、地域に生まれてくるものが無ければ何も出来ないのが今の現実であって。何も無いのに地域密着なんて無い。
やって来たものであれ、その地で生まれたものであれ、自然な形でその「存在」ってものを大きくしていきたい。それが地方分権のその先にある目標なんじゃないのかな。