良い時でもダメな時でも議論できる代表にしよう

代表について書いてないなあ。珍しく東アジア選手権3試合とも見た。要は踊る大4連戦全部見たって快挙なこと。まあ、なんか…絶望するくらいのダメっぷりでしたね。
下手くそなりにもFWやってるので、そういう目線で見てるところもあるんだけど、FWとしての技術ってのが見られないんだよなあ。例えばワンタッチシュート(こんな場面すら無かったが…)ボール貰ってからのターンシュートとか。ワンタッチで崩すプレーも良いんだけど、それに固執してしまうのもどうかと思う。あと、意味の無いドリブル突破はもう見たくない、この3試合のスタメンの選手はもう見たくない、言い訳も聞きたくないって気分。
選手も酷かったがベンチの監督も酷かった。ベンチもこういう時期なんだからしつこいくらいに声掛けたり細かすぎるくらいに指示出したりもっと感情を表現するくらいにモチベーターとして盛り上げるべきなのに、得点シーンでベンチに座ってばっかりで自分の契約は〜って言い出す時点でこの監督ではなあ、戦術以前の問題では。


その点、声優日本代表はそんなことはない。

ーーーーーーー後藤ーーーーーー水樹ーーーーーーーーー

ーーー沢城ーーーーーーーーーーーーーー佐藤ーーーーーー


ーーーーーーー能登ーーーー名塚ーーーーーーーーーー


ーー喜多村ーーー小林ーーー三瓶ーーーー白石ーーーーー


ーーーーーーーーー小清水ーーーーーーーーーーーーーー

中国戦はキタエリ左SBで能登と名塚でボランチを構成する、カメルーン対策の布陣をテスト。キタエリの中に絞りすぎないようにして相手のキーマンとサイドをカバー。能登の爽子ばりの突破から沢城とのワンツーでミドルシュートを放つ。サトリナが中へのドリブルで作ったスペースを突く→能登のクロスに水樹がニアで合わせる。本物の代表っぽいが代表にはない動きが…。スコアが動かないのでターゲット要員で豊崎を投入。バイタル付近で沢城が水樹とのワンツーで左サイドに抜けて速いクロス→ファーサイド豊崎のヘッドでゴール!→味スタに「あいなま〜あいなま〜♪」チャントが響く。ネットでは「豊崎最高や!平野なんて最初からいらんかったんや」の書き込みが相次ぐ。

ーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーー
ーーー平野ーーーーーーーーーーー伊藤ーーーーーーー

ーーーーーー阿澄ーーーーー花澤ーーーーーーー

ーーーーーーーーー能登ーーーーーーーーーーー


ーー遠藤ーーー喜多村ーーー三瓶ーーー藤村ーーーーー

ーーーーーーーーー戸松ーーーーーーーーーーーーーー

香港戦は新しいテスト布陣。アンカーを能登にした4−1−2−3、しかし花澤が不発気味。セットプレーから三瓶のヘッドで先制するもどうも全体の運動量が足りない。中盤と前線、中盤と両サイドが寸断されるような感じになる。そこで花澤→高垣にして運動量を促すとこれによりバランスが良くなる。藤村のツンツン突破からのクロスを豊崎の「おおぅ〜」ヘッドで追加点。さらに平野のくさびから阿澄→上がってきた遠藤のクロスにファーサイドの伊藤が合わせる。高垣のスルーパスから伊藤が抜け出して右からののクロスに平野が豪快に合わせる。それでも全体的に低調な内容、ネットでは伊藤と高垣と藤村の動きがパネェって評価を上げた。

ーーーーー平野ーーーーーーー水樹ーーーーーーーーーー

ーーー沢城ーーーーーーーーーーーーー佐藤ーーーーーー


ーーーーーーー名塚ーーーー堀江ーーーーーーーーーーー


ーー遠藤ーーー小林ーーー三瓶ーーー白石ーーーーーー

ーーーーーーーーー小清水ーーーーーーーーーーーーー

日韓戦は中継局からの要請?なのか今のベストの布陣でってことでこの11人。沢城の100人斬り突破に相手DFもたまらずファウル→FKを名塚が直接決めて先制するもすぐに追い付かれる久々に緊張感のある試合展開になった。
スコアの動かない後半に勝負に出る堀江→伊藤、佐藤→加藤にして3トップ気味にする。すると加藤の秀吉サービスカット寸止めキープからのスルーパスに伊藤が反応して流し込む。さらに水樹→井上でさらに攻撃的にするもロスタイムに追いつかれてドロー決着。「あの3枚目の采配どうよ?」から「今のコンディションならこれで良いんじゃないの?」って論調。今大会で守備陣の層の薄さとFW争いは混迷を極める結果となった。

こんな代表見てみたい…どうよ?