妥当な結果だと思う第4回声優アワード感想戦

//声優アワード//Seiyu Awards// | 声優アワードは、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として2006年に創設されました。日本音声製作者連盟、KADOKAWA、小学館、小学館集英社プロダクション、文化放送、アーイメージがアニメ業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としています
http://voncafe.jp/sp_pages/2010_award

○:堀江由衣浪川大輔の受賞
△〜×:キッズファミリー賞の存在について、助演→主演への流れ

これが出た時の率直な感想なわけですよ。事前の予想と比べると綺麗なセンター返しの4打数1安打って内容。意外と空振ってましたね。
ただ、それどうなのよ?ってのはあって「主演で沢城みゆきが獲るんだ…」。多分テガミバチでの実績を評価してると思うんだけど、でも彼女は主役声じゃないよね。主演よりも助演での功績が大きいと思うし、別に今じゃなくてもいつか獲れるだろうと思ってる。楽観論とか評価してないんだろ!ってわけじゃなく、違和感無く自然に聞き入れる存在になってるんですよ。だからこの世代ではNo,1だと思います。なのでどうして急いで獲らせようとするのかって疑問がある。だったら主役声で3冠でも良いからあの人でも…って意見もあるべきで。


ただ、声優日本代表的には都合が悪いのだが…


男は小野Dなんだ…うーん!?新人賞は1年遅いわ。
で、気がつけば新旧17歳揃い踏みとかうっと来る一言があったり途中から動画見てたんだけど、緊張感に包まれた空間だったと。
一番嬉しかったことは主演助演賞の受賞者たちのコメントがしっかりしてたこと。この業界のことを考えて支えていこうとしてる姿勢が嬉しかった。