SAS団 春の新作アカデミー 4コマ目

    荒川アンダーザブリッジ
まあ新房監督であって、シャフトらしい作品でした。また今までとは違った神谷君の掛け合い芝居が見れて楽しい。突っ込みどころ満載のカッパとシスターはたまらないw
原作未読なのでよくわからないんだけど、原作の設定をシャフトが上手く生かした結果なんだろう。

    閃光のナイトレイド
スパイものって設定は好きなんだけど、どうも相手が見えないことと後半に出てくる御都合主義的な特殊能力ってのがねえ…見てるこっちのペースが狂ってしまう。何かしら事前にイメージしたものと違う結果になってるんのですが…。


次でラストかな?ということは今回もランキングのお時間となるわけだ。今回はどうかな?いつもと比べてちょっと少ないが…まあ何かしらの方向性は掴めるでしょう。