Sphere 〜Sphere's rings live tour 2010〜@Zepp Osaka:楽しさともどかしさの間に

行けなくなった方のチケットも含めて2枚送られてきた。
「さて、どうしたものか」と思いつつ紙切れにするのは勿体無いので若者でも誘ってみよう。そうだな…誘い文句は「唯ちゃんとムギちゃんの中の人が見たいか!?」見事にこの誘いに応じてくれた。ただ、この誘い文句を使うってことはスフィア自体が初見ってこともあって誰がどう?とかこの曲がどう?とかは「大丈夫大丈夫!」ってことで乗り切ってもらうことにしよう。
そして当日。会場への道順を間違えて遠回りと大雨によりずぶ濡れwでも開場時間になると雨が上がるよく出来た展開にどうなのよ?って一言。そして同行者とも合流してちょっと待ったら自分たちの整理番号になったのでタオル購入してガチャガチャやってから入場。入場前にあったに貼り紙をよーく見ると…その貼り紙は整理番号ごとのブロック指定になってることが判明!考えたなミュージックレイン。ただこれも逆に騒ぎたくないから後方へって移動が出来ないんだよなあ…ちょっと困った。大体こういう流れになると思うこととどうしても聞きたいことをしゃべりつつスタート。


ライブ自体は聞いていた通りの寸劇あり映像ありの内容。良かったこと、ホッとしたことは同行者が寸劇も曲も色々含めてスフィアを楽しんでもらえたこと。色々と興味を示してくれたことも大きかった、まあ気がつけば「あきちゃん!あきちゃん!」になってた件wまあしょうがない、でもみんな良かったって言ってくれたから良しとしましょう。
前のライブとかの聴いてた話を踏まえてのスフィアのライブを実感してみたんですけど、魅せてくれるところや面白かったところもありました。昨年の大阪でのイベント映像を見ながら、やっぱり戸松ちゃんはボケキャラだと思うんだけどなあ…とかあやひーさんのしりとり時の気の抜けた顔や星型お好み焼きの話とか。彩陽さんは着実にファンタジスタのポジションを確立させてるなあって思った。
曲では「らくがきDictionary」「君の空が晴れるまで」が聴けてよかった!最新曲「REALOVE:REALIFE」もしっかり聴けました、アンコールでは新曲「Now Loading...SKY!!」を初披露。うーん…なんかもう一つ、段々クオリティが落ちてるような気がする。あと、みんなで振り付けする曲もあって、そこらへんは声優ライブの流れを踏んでるなあ。


トータルで見るとライブってよりはイベントの延長線上にあるのかなって感じてしまう。1曲目「Future Stream」歌ってその後ソロコーナーってのは理解しててもやっぱり調子狂う。今回のライブの構成ってなかなかノレないものがあった。
個人の曲も聴きたいけど私はユニットとしての1つの化学反応ってものが見たかったわけで。でもそうしないと声優ユニットとして成立出来ないだよなあ…とも思う。Aice5DROPSにしろその活動期間を考えると。
メンバーによって違うペンライトを見てても同じことを思うわけで。これ、ライブを観て5本必要なんだ!って実感するんだけど、別に1本でも十分に楽しめると思うんだけど。
結局のところユニットとしての活動と個人としての活動とを繋げようとしてるんだけど「ユニットとしてのスフィアが観たい!」って気持ちと乖離してると感じました。

今回は戸松ちゃんサイドで観たわけで、そこまで騒がしいこともなく平和に観れた。ただ見えた順は寿→豊崎→高垣→戸松ってどうしてこうなったのかがわからない。なかなか見えない原因はなんだろう?って考えてたら、個人がバラバラに動くこともなく同じ距離を保ちながら動く4人によるライン&ゾーンディフェンスを見せられてるようだった。そりゃあ最後くらいしか見えないか。