暇人のためのツール

どこかのブログでブログは暇人のための暇つぶしのためのツールみたいなことを書いてるところがあって…。それをブログで書くのも「お前が言うな」的な話でもあるんですけどね。

「いや、そうじゃないでしょ」少なくとも何かしら伝えたい事や意志を形にしてると思うのですよ。それを言うのならTwitterもustもそれぞれ良いトコあるのだが、むしろこれだって暇人のためのツールかもしれない。なんか共有することに集中し過ぎて発信することに制限されてる感じがしてるのですが。

情報を共有しながら消化していく中で「形」として残すことは、後で見てこんなことあった思ったことを確認する。それは情報をもう一度「消化」することなんだろうなあ。アウトプットしたものをもう一度インプットする、そのためのアウトプットってこともあるのかな。
そろそろ「どれが一番や!最高や!」話から、それぞれの良いところを共有するようにしませんか。
そういう点ではある程度マイペースにできるブログって私は暇つぶしって枕詞のいらないツールだと思うのですが。