ドイツVSイングランド メキシコVSアルゼンチン

 ・ドイツ4−1イングランド
出ました世紀の大誤審、明らかに勢いでプレーオンしたんじゃないかなって思えた。あれをノーゴールって言われたらどうしようもない。だけど、あれが決まって2−2になっても結果は同じような気がしてる。
前掛かりになって攻めた(あまり機能してなかった)イングランドに対してカウンター狙ったドイツの戦術がハマった展開、こればっかりはしょうがない。
イングランドは全てジェームズの責任にするのは違うと思うのですが、ひとつだけ言えることは全体的に身体のキレが悪かった、コンディション不良。
ただ、ドイツのやってるフットボールが最強だ!って意見に釈然としないものがあることも確か。

 ・メキシコ1−3アルゼンチン
こっちの誤審はさっきのに比べたらだいぶマシな部類。これって偶然の産物みたいなものだからなあ…オフサイド系の判断は今のままで良いと思う。選手だって笛吹かれるまではプレーオンだから集中する、やりきるもの。
それよりも気持ちの切り替えの出来なかった2点目のメキシコDFのプレーはいただけない。こっちのほうが大問題だと思うのですが、良い試合をぶち壊したのは選手のほうにもあるってこと。個人的にメキシコのやってるフットボールが好きじゃないから余計にね。
テべスの2点目のミドルが凄かった。