NANA MIZUKI LIVE GAMES 2010 -RED STAGE-@西武ドーム:ナナレッド

暑かった。関東入ってから急に暑くなったかのように思えたくらい。
1時間前くらいに着いて物販覗いてみたんだけど、あの時間帯で絶望するくらいの列…試しにどれくらい動くのか並んでみるも大きくは動かなかったので20分くらいで撤収。ええ、赤リューム諦めて丸腰モードになったわけですよ。
そして入場にも時間がかかったんだよなあ。席に着いたのがギリギリの時間、トイレに行くにも急な坂…そういうこともあって危うく熱中症になりかけたくらいだ。

セットリスト

1.Orchestral Fantasia
2.DRAGONIA
3.WILD EYES
4.What cheer?
5.SCOOP SCOPE
6.パノラマ-Panorama-
7.Young Alive!
8.RUSH&DUSH!
9.夏恋模様
10.ray of change
11.リプレイマシン
12.POWER GATE
13.ハートキャッチ☆パラダイス
14.DISCOTHEQUE
15.TIME TO IMPACT EXCITER
16.NEXT ARCADIA
17.ETERNAL BLAZE
18.BE READY!
19.ミュステリオン
20.悦楽カメリア
21.UNCHAIN∞WORLD
22.Silent Bible

EN-1.恋の抑止力
2.Dancing in the velvet moon
3.Astrogation
4.星空と月と花火の下

15分押しくらいで始まった。1曲目は本当に読めないなあ…アルバム中心でやるって予想は見事に大外れでした…うーん。ただ、事前に書いたエントリの選曲予想は的中。それはもうパウル神降臨じゃねぇーかって。
この日の座席はB4ブロックの1番、そう左端。見事に開けてて見やすいし動きやすくてラッキーでした。一人参加ってなるとこういう席になるのかな?って考えたり。ただ、隣が特攻服でなぜか赤の日なのに青のアフロ。とりあえず「奈々様」って言った時点でダメだなって烙印を。リュームの振りがマニュアル的なのか、ある程度基準みないなものは見えたが、あまり反応しない時ってのかダレ方があまり良くなかった。別に着るのはいいんだけど、名前を傷つけるようなことはねえ…って思う。
“What cheer?”聴いてて上手い具合にライブのアレンジになってるよなあって思いながら、みんなそんなに踊らないんだね。今回ダンスナンバー多かったなあ。
ドラクエ風メンバー紹介後、“RUSH&DUSH”で急接近!Bブロックの左側、思ったより見やすかったけど、昨年はこういうことは無かったよなあ。今回「どこにいるの?」は見つけやすかった。でもやっぱり見つからないこともw
ただ、興奮覚め有らぬまま突入した“夏恋模様”はちょっと残念だったよなあ、ここは落ち着いて歌ってほしかった。そしてまったりできる時間はじつはここだけだった…そのことを終わってから気付くのであった。動かざるを得ないんだよなあ。
“リプレイマシン”ここでまさかの千代丸楽曲キタコレ!最近若干避けられてるのかなって思ったくらいだからびっくり。
DDR風のダンサー紹介。これといいメンバー紹介といいどんだけ我々の世代なんですかwって言いたくなる。盛り上がりたい気持ちはあるんだけど、今回は自分の体調を優先せざるを得ない、それくらい厳しかった。とりあえずタオル冷やした。
ただ、この時のBGMが残光のガイアのトランスって何気によかったし、今後トランスミックスアルバムってあるのかな?なんか面白そうではないですか。

そして今回のメインは“ハートキャッチ☆パラダイス”

これをキュアブロッサムの中の人とブロッサムとマリンの着ぐるみも登場してやったわけで。一気に遊園地のショータイムな空気になりました…少しは覚えてるみたいで案外踊れた。こういうスペシャルタイムってのは楽しいもので。

インストの映像の後に“NEXT ARCADIA”ステージ中央から戦闘機が登場。まさかの戦闘機www こういうことをシグマセブンの人間を動員してやるところがまさに「シグマる」ってやつ。どういう交渉力してるのかわからないが、これは凄い。
どうせ丸腰なんだから次の“ETERNAL BLAZE”は軽くヲタ芸でもやってみた。ほら、広いからセーフでしょ?激しくやらない限りはセーフだと思うし。UO折る曲選びもミスったからこういうことになったってのは内緒w
結局のところ“ミュステリオン”については聴いていくうちに慣れたってことかな?曲のスピードと高音に。その後の選曲は意外ってのか“UNCHAIN∞WORLD”に赤のイメージが無いのですが。
最後のMCで「名前を呼んで」とか「なのはシリーズ」とか言ってたので、これはイノスタですねって思ったら“Silent Bible”にちょっとズッコケる。会場も若干そんな空気が…


アンコール、「そういえばあの曲どうするんだろう?」「予習しろって煽ってた曲」すると…“恋の抑止力”キタコレ!
散々「見ろ!」って言われて渋々見たPVの振りが意外と簡単だったのでちょっとやってみた。でもみんな振りやらないんだね…。
アンコールと思えない本編と同じようなテンションでダンスナンバー中心だったのか“Astrogation”が赤ってのはこれまたイメージが合わないんだよなあ。
ラストの“星空と月と花火の下”が超絶良かった、これ聴けただけでも今日は大勝利。ドーム上の星空が綺麗で最後の花火に芸人ばりのびっくりリアクションですよw 「ああ、夏のライブ、コンサートなんだな」って実感できた瞬間でした。


最後の挨拶の後、餌捲きタイムに入ったので物販に並んでみるとまあまあの列が。15分くらいで売り場に着けたが、見上げた空はピカピカ光ってゴロゴロ雷鳴が。暑かったから少しくらい降ってくれないと困るわけで…で、この時間。そして帰りの電車はカオスでした。


初日の感想なんだけど、こう今ひとつ赤青のイメージってのが湧かないってのか、赤青関係無い選曲なのかな?って思えた。でも選曲に関しては自分好みのちょっとマイナー路線で大勝利ってことかな。予想通りの3時間半近くのステージ、戦闘機とか派手な演出はあったけど、ちょっと控え目かな。