声優日本代表 W杯&4年間総括

新しい代表選考する前に総括しておかないと。
「この23名で本物よりも熱くなれる妄想特急シュミレーションを!」ってカメルーン戦前日まで考えてたけど…

      現実に勝てるシナリオは書けない

ただ、パラグアイPK戦で勝ってたとしても次のスペインにボコられることは本物と一緒。さすがにこのメンツでベスト4ってのは無理があると思う。
仮に本物のあの布陣を声優日本代表で当てはめてみると

ーーーーーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーー水樹ーーーーーーーーーーーーーーーーーー佐藤ーーーーーーー


ーーーーーーーー沢城ーーーーーーーー堀江ーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーー名塚ーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーー遠藤ーーーー小林ーーーーーー三瓶ーーーー白石ーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーー小清水ーーーーーーーーーーーーーーーー

   これは…豊崎△ってことになるのですか?
それはちょっと違うよなあ。でも、デンマーク戦の3点目の神ターンからかな恵ちゃんが決めるってシーンは想像できるが。
ここからカメルーン戦では遠藤→キタエリにするのですね。何気に「アンチフットボールをしろ!」って指示したら出来そうな11人。


さてこの4年間の総括をしたいのだが、06年からの4年間ってのは「堀江由衣を再生するための4年間」だったのかなと思う。
06年に外したのは攻撃的なポジションなら沢城>堀江って構図だったから。他のポジションも当時は出来なかったからってことも大きかった。

今回の代表の基本的なベースになってるのは07年のアジアカップ
御前は100%サイドバック - rojoblancoの日記
実は彼女を召集していたんだよね。その時の条件が「3列目をやれ!出来なければ選ばない」だったと思う。
そしたら時間はかかったけどちゃんと3列目のポジションが出来る選手として代表に戻ってきた。実力的なことを言えばこのポジションなら能登を使ってもよかったのだが、どうしても「良い選手を23人集めても勝てない」→マリーニョ理論からするとレギュラーで起用したかった。だから3列目の隣は名塚だと思うし、バランスを考えるとサトリナ起用だと思う。そしてトップに愛生…気がつかないうちに堀江を軸にした11人ではないかって思えるくらいだ。


そして今後の課題。どうしても中盤以外のポジションは人材が薄い。DFは今のところなんとかなるのだけど、問題はFW。人材が薄いなりのフォーメーションと戦術を考えなければいけないが…。新たな人材発掘ってのが課題となりますね。
とりあえず代表的には今話題のあのFWについては静観って姿勢です。夢の2トップとか言われてた時代もあったのに…。