と言うことでこけら落としをカテゴリー4で観てきたわけですよ

試合の感想は、どう考えても0−3でやられた展開だったけど、黒津師匠とVJ師匠が気持ち良くはずしてくれたおかげで、まさかの松井で無失点www でも得点の匂いは正直しなかったなので0−0のドローでOKでしょう。
いつものようにカウンターで術中にハメようとするも、相手が上手く守備のブロックを敷いてきたので見事にブロックの餌食になる。そして逆にカウンターを食らう非常にマズい展開。ブロックの最後の1枚が剥がれなかった。
あと前線のボール離れが悪かった、これもなかなかリズムに乗れない原因のひとつ。一番そこを理解してたのが乾だったよなあ。シュート数のわりに決定的な場面が少なかったから、後半の決定的な場面についてはあまり気にしないんだけど…そこは野次ってる人達とは違うんだよなあ。


引越し前に誰も突っ込まなかった芝の問題はやはり…思いっきり捲れたり芝に足をとられたり。自然に根付かせるほうがよいのか使いながら根付かせたほうがよいのか、どっちなんだろう。



「まだ空いてるだろ、どこも」って調べてみたら、カテゴリー4ですら危なかった。よく考えたらゴール裏難民がバックスタンド側に来てるわけで。でも、そういう時のサンクスだなって1週間前に思ったw遅すぎです。

キンチョウスタジアムは再入場できるので指定席どこか見つけてからフードコートに逃げて時間を潰すってこともできるんだよなあ。でも、自由席は大変だろうなあ…。
で、そりゃあ2時間前から張り切って来たら暇ですよ。あと、バックススタンドは西日が照りつけて暑い。


この日の席はカテゴリー4のほぼ中央の位置の席でした。ただ…狭いし荷物が下に置けないことが痛い…これは今後考えもの。


あと、トイレの行列と終了後の行列が凄いことになってるけど。

   ああ平気だわ、こういうの慣れてますから

こういうところで他の現場の経験が生かせるとは。