新世紀アニソンSP3(後編)

    これ失敗でしょう、石原プロデューサー

杉田のナレーションで上手に隠したように見えたが、やはり見終わって感じる、なんかもうひとつ足りないよなあ…って。それは選曲なのか人選なのかどっちなんでしょう? …後者のほうだと思うけど。
スタートから「アニソンはワシが育てたんや!」とか「アニサマみたいなことがしたいんや!」ってどこかから聞こえる心の叫び。前編後編トータルで見て過去2回では感じなかった自己顕示欲の強い内容でした。この状況を見たらアニソンはもうちょっと軽蔑さてたほうがいいのかな?


ここからは出演者チェック。
牧野由依は先日のJメロでの残念ぶりが自分の中に残ってて気になったのだが…結局どっちで勝負したいのかわからなかった。インターネットTVでの仕事ぶりって言われても、あれは遊びみたいなものでしょ@生中。
GRANRODEOは最後まで何が凄いのかがわからなかった。中途半端なロックってのか甘ったるいのか…これで武道館だから腐女子の腐った力は凄いなあ…そこかw そんな曲でも全力でサイリウムで応えるファンが凄いのか。
ゆかりんはFCイベントの密着ってこの密着企画ってハードル高いよなあ。そんなものに密着されてもってあるけど。野外でファン入れてPV撮影って珍しいですよね。あと、ピンで映ったとき見た目を濃い感じにしたのはTV仕様がたまたまか?私は「そう来たか!」ってところですが。
奈々ちゃんは唐突に始まりすぎw


うーん…今回はアニソンの良さとか歌い手の凄さってのが伝わってこない内容でした。密着風景とか流しても茶の間が「これはもう別世界」みたいな捉え方されたらもうそこまで。
完全版でどう変化するか期待したいところだけど「OAになると微妙で収録が楽しい」イベント的存在になってしまうことが一番の問題だが、これそうなりそうな悪感。
今回の戦犯は
   「でかいアニソン系のフェスになるとチケット代よりもサイリウムのほうがかかる」
って嬉しそうに箱買いについて熱く語ってた女。正直いらないファンだよなあ。