監督が決まらなくても方針くらいは示せるはず:声優日本代表

このシリーズはこれからも続けるぜ!ってことで、パラグアイグアテマラ戦の声優日本代表が発表されました。

GK 1小清水亜美
18戸松遥
21茅原実里


DF 2日笠陽子
3喜多村英梨
4斉藤千和
5小林ゆう
12佐藤聡美
22井口裕香
23田村睦心


MF 6高垣彩陽
7佐藤利奈
8能登麻美子
10花澤香菜
11藤田咲
13早見沙織
16阿澄佳奈
17伊藤静


FW 9伊藤かな恵
14井上麻里奈
15竹達彩奈
19門脇舞以
20豊崎愛生

ーーーーーーーーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーー伊藤(か)−−−−−−ー花澤ーーーーーーーーーーーー佐藤(利)−−−−


ーーーーーーーーーーーー能登ーーーーーー伊藤(静)−−−−−−−−−−−−


ーーーー喜多村ーーーーーー小林ーーーーー日笠ーーーーーーー高垣ーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーー戸松ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


新しい代表は新しいことをやってみようと思う。背番号の構成も変えてそしてこの布陣。
フォーメーションは4−5−1気味の4−3−3.西部さんから言わせれば「これが現在のトレンド」に近いフォーメーションだけど、私は正直1トップよりも2トップのほうが好きなんですけどね。
今回は「主力と思われる選手」を休養させてW杯組13名と若手を中心とした構成。佐藤(聡)、早見、竹達、田村には下の五輪チームの中心としての期待もある。
どういう選手起用をしようか悩んだところは色々あったけど、今回はユーティリティー性が高く走力のある(器用貧乏なところも見られる)高垣を右SBでの起用。日笠のCBで最終ラインからのビルドアップを重視してみたい。
FWは最近調子の良い(と思われてる)門脇をサイドで、ひょっとしたら2トップの1枚として使ってみたい。竹達も同じタイプだけど、こっちは思い切って真ん中で使ってみたい希望も。
佐藤(聡)は登録はDFなんだけど、中盤の底での潰し役やアンカー的な起用も考えてる。
10番花澤はこのポジション、3列目伊藤(静)の飛び出しに対するサポートがどれだけ出来るかも期待してるところ。
今回の代表は今までのものを引き継ぎつつ、新しく呼ぶ選手には基本ゼロベースで、柔軟性のある起用をしていきたい。


と言うことで、監督が決まらなくても協会がこういう指針や方針を示すことは出来るはず。
この代表の当面の方針としては、まず来年1月の声優アジアカップはベストメンバーで出場する方針であること。そしてそこまでのテストマッチで新戦力を試す場にする。この代表に関しては勝ちに行く場面では勝ちに行きます。