SAS団 夏クールランキング 後編

A:「後編のテーマは上位作品についてですが…何について語ればいいのか正直難しいところですが、アマガミSSがどうしてこうなったのかにつてだな」
B:「それは中の人大勝利ってことと、4話完結になってるストーリーと現実に近いキャラクターデザインなんじゃないのかな」
A:「それ全部言われてることだけどwまあ、こういう系に食い付かない私でもこれは良作って思ったくらいですからねえ。あとは2週目にある変態プレイwwwあれがねえ違う意味で見所ですよね」
B:「見てるこっちもそれは無いだろうってモノを提供してくれるにぃにwしかし…この呼び方は流行らないだろうなあ。あれはアスミスのドスの効いた妹声がねえ、良いのですよ」
A:「これが2クールだからまだ生きていける感じがしてる。さて、次はあそびにいくヨ!ですが、あのハイビスカスが海物語っぽくなって少し残念なんだが」
B:「そこは原作のイメージをって制作側をフォローしてみようと思うが、沖縄って場所設定がしっかり出来てるから見てて面白いし、安定感がある。あと、作ってる人間が我々の世代なのか80〜90年代が大好きな人間がいるのかな」
A:「それはCM前のアイキャッチとアシストロイドの服装のことですね。何を意識しているのかわからないけど、これはあまり理解していないと、何このセンスの…ってなるから難しいところで」
B:「そこらへんが制作側の遊び心ってのか、サービスカットにアシストロイドが邪魔したけど…規制がってより一種のネタのようにも見えた」
A:「3位はオオカミさん。なんといってもこの作品は新井里美影ナレですね」
B:「あれが話を面白くわかりやすくさせてるのだから不思議なもので。ただ、話の内容が薄いから1クール向きの作品になってしまったことが残念で。これだけ登場人物が多いからどうにかなると思ったけど」
A:「このクールって登場人物が多い作品と少ない作品がはっきり分かれてるなぁ…って気付いた。まあ、これが今回の順位と関連性があるかと言われたらしてないがwオオカミさんはまだ人間関係がはっきりしてたからわかりやすかったけど」
B:「そして4位がみつどもえ…これは意外だった。最初は面白くなかったが、3話以降ってのかひとはがしゃべりだしてから面白くなった」
A:[元々面白さのポテンシャルはあったけど、上手く面白さを引き出せなかったが、回を重ねるごとにそれを引き出すことに成功した。最近の作品同様3話まで我慢してください方式」
B:「ここ数年の傾向だけど、1話で視聴者を掴めないことになってる。よほど作画のクオリティを上げたり、プレ番組使ってプロモーションしない限り。だから作ってる側も3話以降からが本当の勝負って思ってるのでは。まあ、そこまで視聴者が我慢できるかの話でもあるけど」
A:「うーん1話で掴めない問題も深刻であり、10月以降も景気の良い話も聞こえてこないからその傾向は続くのでしょう。次にお会いするのは秋クールにまた偽○○さんでもお呼びしたいと思います」