プレミア第6節 マンチェスターシティ1−0チェルシー:テベス髪切った!?

今のシティってのはパワーサッカーなんですよね。これは昨年から変わってないところだけど、このメンツで美しいパスワークとか期待するのが間違ってる。
この試合もパワーサッカーと局地戦での潰し合い。チェルシーもそうなんだけどお互い守備に神経を使う試合、派手なプレーなんてあまり無かった。


今のシティの見所ってのは攻→守への切り替えの速さ(その逆ってのはカウンター以外はちょっと…)、それにおける守備ブロックを作る速さ。そういう意味では中盤の3センターが機能してるって思う。
守備においては手応えがあってが、攻撃においては前線での枚数が少ない→テベス頼みの状況をどうするのかって課題は残ってるが。そしてこの戦術がどの相手に対しても持続出来るのか?が難しいところ。

あと、シルヴァについては期待外れって言う前にもう少し見てみようかなって個人的な見解。