この23人でアジアを戦う:声優日本代表アジアカップ

本物は昨日だったけど、こっちは1日遅れでの発表です。

 GK1小清水亜美
  18戸松遥
  21田中理恵
 DF2日笠陽子
  3斎藤千和
  4渡辺明乃
  5小林ゆう
  12遠藤綾
  14喜多村英梨
  22寿美菜子
 MF6高垣彩陽
  8名塚佳織
  10沢城みゆき
  11佐藤利奈
  13花澤香菜
  16阿澄佳奈
  17伊藤静
  19早見沙織
 FW7水樹奈々
  9伊藤かな恵
  15竹達彩奈
  20豊崎愛生
  23中原麻衣

フォーメーションは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー伊藤(か)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−水樹ーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーー花澤ーーーーーーーーーーーーーー沢城ーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー名塚ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーー遠藤ーーーーーーー小林ーーーーーーーーーーーーー渡辺ーーーーーーー寿ーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー戸松ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

理想はバルサ型の4−1−2−3で戦いたいけど、現実的には4−2−3−1か4−4−2になるかもしれない。その時の中盤の底2枚はバランス的に名塚+静になるのかな。2トップにするんだったら愛生+かな恵がベスト。
4バックは美菜子の守備力に期待している。団地マーク団地タックルがアジアで通用するのなら長期的に今後の戦力としても期待できるし、この大会だけで考えると対面の左に攻撃力のあるSBが使えるから。


今回一番迷ったのは、早見か悠木かどっちを取るか。前者はキープ力後者は突破力が持ち味だが、チーム編成上突破力と(少しではあるが)経験値のあるアスミスを選んでるため、チームで足りない前者のほうを選択した。もう一つの基準として竹達との相性も考慮したけどどちらも問題はなく最終的に所属クラブ同士ってことで。
これにより中盤の新たなオプションとして花澤を右のFWに、サトリナを中盤での起用と言うオプションも存在したが、それぞれがベストのポジションで起用されることが濃厚になったわけで。でも100%ってわけでもないのだが…。
あと中原の選出についてだけど、ポスト競り合いターンシュートに長けてて調子がソコソコ良いこともあっての選出。これにより意外と万能型って噂の愛生との2トップで劣勢時のパワープレーが面白くなる。


これで勝てるかどうかについては、センターラインの頑張り次第なところが大きい。あと、チームマネージメントの部分が難しい、一度歯車が合わなくなるとドツボにはまる→空中分解って可能性もあるわけで。
だから今回の23人ってのは監督の腕の見せ所みたいな気がしてるのですよ。