二年四組交換日記

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない (スーパーダッシュ文庫)

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない (スーパーダッシュ文庫)

交換日記の中で書かれる「あだ名」とクラス内の情報から35人の名前を特定するパズルみたいな作品。もちろんこの交換日記は誰が書いているのかはわからない。ペンと紙を持って特定しながら読んだら一層楽しめるような作品でもあります。


まあ…パズル感覚ってのは面白いんだけど、話の最後のほうで“お嬢”と“ハツラツ娘”が誘拐される件から一気にぶっ飛んだ話になった。全てが日記ってみたいなんだけど、どこが日記なのかもわからないし、その設定だったら日記ではないよなあって思ってしまう。
日記を始めた委員長の真の目的とか裏側とかがあれば面白かったんだけど何も無いのはねえ・・・。でも、これが委員長じゃなく担任が強権を発動させて始めたのなら普通の小説、そこがライトノベルとは言え担任の丸投げっぷりには笑ってしまう。このサブタイトルの腐ったリンゴってのはなんとなく見えてきたが。