シリアは普通に強かった。色々あったけど気持ち切らさずよく頑張った

中東の笛、不可解判定…ザック・ジャパン怒りの1勝― スポニチ Sponichi Annex サッカー
ヨルダン戦と比べると縦にボールが入るようになり、ボールがよく動き選手もよく動いてストレスに感じるようなことはなかった。特に本田△、やはり動いてボール貰ったりするからドリブルでの仕掛けが生きるんですよ。シンジについては「この状況でボールを貰いたい!」ってのが理解されつつあるんだけど、スペースが無いと厳しいがもう少し球離れが良くなれば…。


問題のPKになったシーンでは角度的には触ってないと思うけど、これはちょっとわからない。仮に今野が触って無くてもこの日の審判ならPKにしそうな気がしてた。この少し前からデリケートになってたから。主審もアレだけどオフサイドの旗上げてるのにその後の副審の知らん顔ぶりにはねえ…呆れてしまう。
Foot!で「この映像は何回も流して議論するべき」って倉敷が言ってたのですが、触った触ってないで議論するのは別にいいのだけど、ここで気になるのはバックパスであったりGKのクリアボールが甘かったりと、「はっきり」するべきだったのでは?って思うのですよ。これは判断の問題であり、過度なまでに選手を擁護するのは違うと思うのですが…。ただ、この後に帳尻合わせ気味のファウルによるPKがあるところがびっくりであって。


守備に関してはそんなに気にしてなかったけど、今野と吉田が被ったりしてるところを見るとどうしても気になってしまう。あとセットプレー、タイミングは外してるけど高さで負けてるのがねえ…。
攻撃はヨルダン戦と比べると格段に良くなったけど、もっと決定機になるようなチャンスが欲しかった、足りなかった。
ただ、大荒れの試合で気持ちを切らさずにやって勝ったことは大きいと思う。まだまだこのチームに伸びしろがあるんじゃないかな?とも思える。

見てる側からしたら、不可解な判定×中東になるとやっぱりアジアカップは面白いってことが良くわかったって感想であり、選手には「お疲れ様でした」って労いの言葉しかないです。