You can't catch meを聴いてると爽やかだなあって感想が出る

You can’t catch me(初回限定盤)

You can’t catch me(初回限定盤)

1曲目から「こんな爽やかなメロディが似合う人だっけ!?」って拍子抜けなのか戸惑いなのか意外な曲から始まったなあって感想。
アルバム的にはこれはこれで間違いではないけど、ズシリズシリと自分の心に来るような曲が聴きたかったのが本音であって。爽やかなメロディとのギャップがどの曲も「軽い」「薄っぺらい」って感じてしまう。
それでも「eternal return」→「秘密」は今まで無かったから曲だから新鮮に感じました。「美しい人」→「キミノセイ」→「ゼロとイチ」→「みずうみ」の流れは最高でしたよ。この世界観をだな〜って言いたくなる菅野さんが絡んだ曲は素晴らしいよなあと久々に認識したわけで。

今回のアルバムの売りが豪華アーティストの楽曲提供になったのを見て、多国籍のように見えて無国籍みたいな感じがした。「こういう色が出したい!」ってコンセプトが無かったのは正直どうなのかな?って思ったが。今回のやり方は曲の可能性を広げただけであって、曲の幅を広げてるわかではないと思う。楽曲提供する人は絞ったほうがいいと思う。

これ良作だと思うが、評価は見事なくらいの分かれるんじゃないかな。その…周囲が勝手に作り上げてる坂本真綾像に対しての「これは違うだろ!」ってちょっとした憤りみたいなものがある。

2枚目のライブCDはまだ聴いてないのでこの感想はまた後日で。