本物が熱すぎて偽ザックさんの出番が全く無かったことについて

えーと、そうなんですよ。まあ声優日本代表ネタが盛り上がるのは本物の代表がふがいない時であって、今回のアジアカップのような熱くてなおかつ勝ち試合を見せられたら、そりゃあ偽ザックだって黙りますよ。嬉しいのだけどなんか複雑って感じ。
今回わかったことは1トップも悪くないなってこと。

ーーーーーーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーー花澤ーーーーーーーーー沢城ーーーーーーーーーー佐藤ーーーーーー


ーーーーーーーーー名塚ーーーーーーーー伊藤(静)−−−−−−−−−−−


ーーー遠藤ーーーー喜多村ーーーーーーー小林ーーーーー寿ーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーー小清水ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やってる立場からすると1トップよりも2トップのほうが動きやすいのですよ、これ小さい選手の本音。でもこう並べてみると出来そうな気がするのだが…。2列目の動きに関しては本物よりもこっちのほうが連動性があって良さそうな気までしてる。ただ、あの23人の編成的には攻撃的な選手が多すぎて守備的な選手が少なかったから布陣と当てはめてみたもののこれがギリギリのところ。
試合展開も強引に当てはめてみると、準々決勝ではキタエリの一線越えたいの〜的な退場で10人での苦しい状況の中、出場停止の美菜子に替わる日笠が決めるも「なんでそこに日笠がいるんだよwww」。準決勝では彩陽投入で追いつかれるもPK戦で小清水が2本止めて職人が“ボールキャッチコシミズ”を作るwwwって。決勝はあのメンツだと中原が決めることになるんですけど祖先は○○で→○○が優勝って。
これだったら私のポジションはどうでしょう、放送席で「ふざけたロスタイム」とか言うポジションで。