今期のアニソンはビッグネームは居ないけど語りがいはあるクールだと思う

このクールのアニソンは正直不作かな?って見えるけど、実は何気に語るには面白い作品が揃ってると思う。
まずは今期の推しソングは

Taste of Paradise

Taste of Paradise


何気にスルーしがちだけど“一線だって越えたいの〜♪”って言ってるからびっくりするwキタエリが歌えることが大きいのだがこの曲はキャラソン過ぎず萌えソン過ぎずの中間の立ち位置ってのが良かったのかもしれない。
コネクト(アニメ盤)

コネクト(アニメ盤)

Magia(アニメ盤)

Magia(アニメ盤)



ClariSのコネクトはironyの時よりはインパクトを残せてないかなって感じる。なんか…普通だよなあ。ただ、作品のOPからのイメージからあの展開になるとは…ってギャップ面においてはインパクトを残せたと思う。次のクールも歌うのであれば、作品選びってのが重要になるんじゃないのかな?
一方スッと入れるEDは凄い期待出来るのですが…こっちのほうが評価されてもいいのだけど、やはりOPのほうに力を入れてるのでしょうね、アニプレックスさんは。そういうところを露骨に見せられるのはちょっと嫌なのでここは対等に評価したいですね。
STRAIGHT JET

STRAIGHT JET


さすがは菊田先生!OPテーマらしくさわやかさを出しつつ自分の得意な形でまとめてくれた曲ですね。余談だけど、サッカーばか造君が今度じゃべることになったコミュニティFMの1月のパワープレーになっててびっくりしたのだがw まあ、アニソン番組があったってオチなんですけどね。
魔・カ・セ・テ Tonight

魔・カ・セ・テ Tonight


このクールの収穫かどうかは知らないが(私は収穫だと思ってるが、どうも…)野水がソコソコ歌えたこと。さすがmanzoなんだけど、よく勝負したなあフライングドッグ。
インモラリスト(初回限定盤)

インモラリスト(初回限定盤)


90秒だけなら100点。でもフルコーラスだと残念な曲。清竜人が提供したんだから凄い曲と言うが、私からすれば「で!?」何でも転調すればいいのかって話でもあるのだが…。こういう曲が絶賛されるとSound Horizonとかいらないと思うんだ。
わが名は小学生

わが名は小学生


間奏での戸松ちゃんの棒読みのボーカルがひとはそのままでワロタ。1期のOPと比べて各キャラクターの特徴がよく掴めてると思う。


このクールにおいて作詞作曲のネームバリューで勝負しようとしてる曲、もしくは推そうとしてる曲ってのはあまり評価を上げてるとは思えない。あまり名前を意識せずに作れてる曲(manzo菊田大介)は評価を上げたように思う。これはよい傾向であるし、語れるクールだってことはここから感じたのですよ。
そしてこれは前から気になってたことなんだけど、このクールも続けて歌ってるアーティストをレコード会社がどう評価してるのかが気になるところ。特に週末ヒロインのあのグループなんかは。メディアは絶賛してる傾向なんだけどユーザー視聴者的には評価されてないように見えるのですが。この乖離をどう捉えてるのかが気になるところ。
その話をするならスタドラ後期の9nineも同じことが言えるわけで…

SHINING☆STAR(アニメ盤)

SHINING☆STAR(アニメ盤)


このまま続けて歌えるのか、それともバイバイなのか?
にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
にほんブログ村