SAS団2011

第1位 魔法少女まどか☆マギカ
 2位 みつどもえ増量中!
 3位 GOSICK‐ゴシック-
 4位 IS インフィニット・ストラトス
 5位 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
 6位 Rio Rainbow Gate!
 7位 夢喰いメリー
 8位 放浪息子
 9位 フラクタル
 10位 ドラゴンクライシス!
 11位 これはゾンビですか?
 12位 フリージング 

B:「ねえ、魔装少女との契約が1日残ってるけど、早く僕と契約して魔法少女になるんだ!」
A:「なに二重契約させようとしてんだw と言うことで今年もこの企画が続くことになりました。今年はダラダラやらずに1回で終わらせます、これを目標で。さて、1月クールの新番組はいかがでしたか?」
B:「全体的に小粒で“これ!”って作品が少なかったように感じます。結果的にこういう順位に落ち着きますが、上位と下位の差ってのはそこまで無いように思えるのですが」
A:「私はまどかマギカの圧勝だったように見えたのですが。シャフト的な要素を入れて魔法少女の世界観のギャップを作り上げたところが。そしてネットでの盛り上がりから見ても覇権の資質もあって…みんなに教えて社会現象になるまで盛り上げよう!」
B:「いや、社会現象にはならないから。実は今回の順位はこうするしかなかった順位のようにも見えるわけで。それはみつどもえ増量中の1話のガチレンジャーでコケたし、ISやお兄ちゃんのこと(ryにはそこまでの力が無かった。減点方式で考えるとまどかマギカが1位になってしまう。釈然としない部分はあるが。まあ新房テイストって言うのかシャフトテイストってのが散りばめられた作品であることは間違いない。」
A:「注目してた作品として覇権&ネームバリューテイストが強かったフラクタルに期待したんだけど…これは失敗したのかな?ヤマカンは引退するんですかねえ?」
B:「ヤマカンの今後については別にどっちでもいいけど、とりあえず余計なことしゃべらずに黙ってて欲しい。これはヤマカンよりも原作に問題があるんじゃないかなって見えたのですが。あと、色々やりたい気持ちはわかるが作画や演出には首突っ込まないほうがいい。ネームバリューテイストにおける失敗のパターンだからなあ」
A:「では、このクールの話題作の1つでもある、ISはどうですか?クラスメイト全員女っていかにもハーレム設定になってますが」
B:「この作品も何気に覇権の匂いがしたことにびっくり。このハーレムテイストが見事にハマると原作の売り上げなど多方面にまで影響が出るとは思わなかった。そして誰一人メカに目を配ることのない珍しい作品」
A:「ある意味メカ潰しのハーレムテイストですね。同じようなハーレムテイストでRioやお兄ちゃんのこと(ryがありますけど、こちらも上位にランクインされてますが…何かあった?」
B:「別に何もないが、この2つの作品は何も考えずに見れる、あまり頭を使わないテイストですね。お兄ちゃんのこと(ryのほうはキタエリ無双なんで…無双テイストも追加しましょうか」
A:「なるほど…このクールのランキングで異端的な存在なのがGOSICKで、なぜかこれだけ浮いてる感じがするのですが」
B:「むしろGOSICKのほうが正統派だと思うぞ。この90年代ライトノベルテイストがたまらないではないか。そりゃあゼロ年代アニメばっかり見まくってると物足りない作品のようにも見えるかもしれないが、これが正統派であって夕方にやってもおかしくない作品だぞ!」
A:「夕方枠…このクールだとこれとフラクタル。…タイトルだけならフリージングもw」
B:「タイトルも中身もそれは無い。あの作品はエロテイストと掘り出し物テイストがある。なぜなら、雑誌コーナーにおけるコミックヴァルキリーの存在がわからないくらいw」
A:「こう色々と作品をチェックしたわけだが、どれも突き抜けたような評価を得られてない。じゃああなたにとっての突き抜けるアニメってのはなんだ!?」
B:「それは、今まで言ってきた覇権テイストにシャフトテイストを含むネームバリューテイスト。ハーレムテイストに無双テイスト夕方枠テイスト、ライトノベルテイストが入ったアニメが理想なんだ!そんな作品を見ると見終わった後に必ずこう言うんだ」
A:「何て言うんだ!?」
B:「こんなの絶対おかしいよ!って」