SAS団2011春アニメ:いろはが良かったのですよ!マジで

春の新番どうやって書こうか絶賛迷走中なわけである。
良いサブタイトルも無く、ちょっと形式を変えようと模索中って言い訳をひとつ。点数評価を導入したのだが、これに加えてS→A→B→C→Dの段階評価も導入しようかと。それは点数を辛くしすぎてってことは内緒ですが…。とりあえずT&BはBランクでDOG DAYSもBランクってことで。でもこのランクは変化するようにしてる…多分。

   花咲くいろは 7.0点(10点満点中)評価→A
やっぱりかな恵ちゃんはこういうキャラが似合ってると思うのですが…しゅごキャラもこんなタイプの主人公だったから。彼女のテンポと「あんなに憧れてたドラマチック」ってフレーズで浮いてる感じを作り出せてた。まあ単純に都会のテンポと田舎のテンポで片付けることも出来るのですが。

true tears”見てないからP.A.WORKSの作品ってのはおそらく初めてなんだけど、凄く良かった。丁寧で見てる人間に訴えかけるような景色を描くのが上手。例えばトンネル抜けた後のシーンとか、郷土愛ってものを感じた。
旅館での女将さんとの件での最後のビンタのシーンとか狙ってるよなあ…いや、終始何かを狙ってる感じがしてたのでスタッフロール見たら磨里ちゃんでしたか、今後も期待できる。