SAS団2011春アニメ:Aチャンネル見てると色々気になるね

   Aチャンネル  6.5点 評価→A
パンツ穿いてないってどんだけドジっ子だよwww
緩く見れて面白い作品。あの4人がメインってのはなんとなくわかった。珍しいのは教室などの大人数の場所や背景でも視点が常に4人に固定されてること。4人以外のキャラを受け入れない感じがするようにも見えた(3話から新キャラ出るみたいですが)。まあ、萌え系とか日常系とかだとそれが普通の感覚だろうが、見てて素朴な疑問として思ったから。周りをブロックするような堅い世界のように見えて中身は緩い世界を作り出して現わしてるのがトオルじゃないかな。あっ、トオル推しっすw
さて、ユー子つーか美菜子の関西弁についてだが、どうしても京都弁に聞こえてしまう。これはねえ…普通に難しいこともあるしそこまでネイティブな関西弁をしゃべれる人ってのも少ないことが大きいんじゃないかな。いじられ役ってやりにくそうなキャラってこともあって作りかけとか模索中って段階のようにも見えた。掴みきれてないのかもしれないね。
笑うタイミングとか質は日常と似てるように感じた。これも視聴継続。

   そふてにっ  6.0点 評価→C
ソフトテニスとかパンツよりも最後ははなこが全部持っていくのだが…これはどういうことだw
何がびっくりかって緩さ一本の作品なのにそれなりの設定を持ってきたこと。正直話とかどーでもいい作品ってのも珍しかったから第2週の琴音ちゃん話にはびっくりしたんだよ。多分一番迷ってるのはXEBECで、ちゃんと作りたいのか緩く作りたいのか今のところはっきりしてない…後者なんだろうけど。
そんな作品を救ってるのがちゃんとしたキャラ設定が出来ててそれに応えてくれたかな恵ちゃんとキタエリの力量のような気がするが…。なんとなくだけど、こういう作品を続けて出てたら良くも悪くも掴むのだろうね。これも視聴継続だけど、これってブヒ枠なのかな?うーん…

   まりあ†ほりっく あらいぶ  6.5点 評価→A
期待通りのA評価。宮前かなこの変態ぶりを示す&そして杉田がお歌のOPで1期からの人間の心を掴んで、ストーリーは2期からの人間を取り込んで乗り遅れさせなかった良い第1週。
今までのがゆっくり目の作品ばかりだったからこれ見てたらテンポが良かった。いつものバラエティネタ(熱湯コマーシャルはベタだがあえてそれかいw)を入れるのは1期と変わらないクオリティを保てたことが大きい。演出とかは凝った風にはやってないようにも見えた、若干放送局が変わったことを意識してるのかな…どうだろう。
これも視聴継続なんだけど、あのOPは1話のみかぁ…ああ、勿体無い。