SAS団2011春アニメ:これどこかで見たような…

    もしドラ 6.0点 評価→B
正直この作者考え方とか好きではないし、ドラッガーのマネジメントなんか読まなくても大阪のリトルリーグからバッテリーごと引き抜いたら甲子園行けるんですよ。但し、地方に限るって話だけど…この作品全否定。
で、言ってることもおお振りとよく似てるから結局はどっちがより伝わるかってところなんだろうけど、内容もどこか現実とかけ離れてるような設定で、中途半端な出来になってるが。
この作品の着地点はひよっちって叫び続けてひよニーする枠って考えたら見方も変わってくるし違う意味で面白いと思う。それか病室百合設定か…どうなんだろう。
あと設定上みなみってのは賢いのかバカなのかはっきりしないところがなんとも言えない。

    ・C 6.0点 評価→B
何かの既視感みたいなものがあって考えてたのだが、EDのschool food punishmentでこれは東のエデンの続編みたいなものかって解釈。それだったら神山監督連れて来いよ!って思ってしまう。
ホラー映画みたいな見せ方をしてるのだが、金融街って別世界でのバトルとこの見せ方がどう結びつくのか1話ではまだ見えて来ないが、作品の本質ってのがどこにあるのか注視して見たらいいのかな。

    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 7.0点 評価→A
もう0.5点プラスしたいくらいの圧巻の出来。最後の「止まっていた時間が動き出す」を引き出すためのBGMでありEDのsecret baseが流れ出すと、磨里ちゃんこういうの上手だよなあ…さらには続きが気になる終わり方も含めて。
Aパートでめんまがじんたんにやたらと絡んでくるところがうっとおしいなあって見てたけど、あれがバラバラになったパズルのピースそのものだったんですね。若干インなんとかさんに見えてしまうのもスタッフ側が狙ってるのかな。キャラクター設定を意図的に狙ってやってるようにも見えるけど。それでも「あなる」も連呼してもいいw
期待通りの出来って言ったらそれまでなんだけど、事前に出てた情報とは違った方向ってのか鬱展開だからこれは意外。オリジナルってのはこれがあるからわからない。