SAS団2011春アニメ:一気にチェックしてみる

ようやく一通りの新番組をチェックしました。今年は例年以上に疲れたぜ。

   俺たちに翼はない 5.0点 評価→C
エロゲ枠なんだけど、なんだかゆる−い群像劇が今までの作品には見られなかったからこれはこれで面白いと思う…見るかどうかは別だけど。杉田のラジオDJが見所w

   ・星空に架かる橋 5.0点 評価→C
これどう考えても主人公の弟狙いのショタ枠ですね、わかります。田舎が舞台だったから注目してたけどねえ…

   青の祓魔師 5.5点 評価→C
いかにも日5枠らしい作品なんだけど、EDが作為的でイラッとしましたがw ここでの福潤は攻めじゃないかな。

   デッドマンワンダーランド 6.0点 評価→B
1話の展開があまりに理不尽すぎて難しいところ。こういう時の花澤のキャラが本当に輝くわけで、フなんとかとは比べものに…。まあ、DOG DAYSの対極の殺し合いでどこまで続くのかはわかりませんが。

   神のみぞ知るセカイ2   5.5点 評価→B
1期を見てることが前提の第2期1話」って感じ。小清水のキャラ良いねえ、使い方をよく御存知で。ただ…このクールにおいては埋没気味ですが、他のクールだったら良かったのかもしれない。

   緋弾のアリア 6.5点 評価→B
今期の釘宮枠その2.所々に背景と合ってなくてキャラが浮いてるような感じがしたのですが。それとアリアの作画が定まらないってのか…仕様なのかこれどうなんでしょう。
アクションシーンはさすがって思わせるところがあるが、キンジが覚醒してヒステリアモードになってからテンポってのがスピード感が落ちたように見えましたが。これ、アクションとブヒィな展開になりそうですが、無理にサービスシーン増やさないでも出来るのでは?別にいらないでしょう。

   電波女と青春男 6.5点 評価→B
これが一番難しいんだよなあ。シャフトらしさが今のところ出てない作画。ただカット割りや角度的にはシャフトらしさが出てました。入間作品の難しいところはあのセリフ回しを視聴者がどう捉えられるかってところ。いかに飽きられずにそして疲れさせずに(←これが一番難しい)するかが今後のポイントだと思う。これはシュタゲのオカリンのセリフ回しにも言えるところですが。


と言うことで次はランキングと何するかは鋭意製作中ってことで。