SAS団2011春アニメ:もしもSAS団が今期のアニメをランキングにしたのなら

B:「見せましょう、アニメの底力を!見せましょう、実況民の底力を!」
A:「あまりその底力ってのは発揮して欲しくないのわけだが。さて、春クールのランキング発表の前に1つ評価していない作品がありましたよね。まあ、タイミングを逃したのが有力な説みたいですがw」
B:「Bランクくらいの位置でいいじゃないの?今回その作品がランキングの中心だと思ってるからさ」
A:「それではランキング、まずはトップ10から」

第1位  花咲くいろは
 2位  あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
 3位  Aチャンネル
 4位  TIGER&BUNNY
 5位  アスタロッテのおもちゃ
 6位  まりあほりっくあらいぶ
 7位  電波女と青春男
 8位  緋弾のアリア
 9位  日常
 10位  シュタインズ・ゲート 

A:「今期は例年以上に多いので2つにわけての発表です、次は11位から」

第11位  そふてにっ
 12位  よんでますよ、アザゼルさん
 13位  もしドラ
 14位  C
 15位  神のみぞ知るセカイ?
 16位  変ゼミ
 17位  DOG DAYS
 18位  デッドマン・ワンダーランド
 19位  青の祓魔師
 20位  俺たちに翼はない
 21位  戦国乙女 桃色パラドックス
 22位  星空へ架かる橋
 23位  30歳の保健体育

A:「今期は良作と言われる作品が多かったクールなんだけど、その中でも上2つが抜け出してる印象が強かった。展開次第でAランクからSランクへの変更もあるかもしれない」
B:「原作モノよりもオリジナルモノが存在感を示したクールで、上2つがそうなんだけど“萌え”のラインとは少し離れた作品が出てきた。まあ、一般ピープルからしたらどれも同じような作品なんですけどね」
A:「その層は相手にしていないから問題無いんだけど、これからはオリジナルがトレンドになると同時に“萌え”のラインに乗ってる作品ってのは厳しくなる時代になるんだろうね」
B:「オリジナル時代の到来は新たな時代の到来でもあるか…」


A:「今回は例年以上に多いので、ここにあるくじの中から引いてもらったテーマごとにヨイショする、題して“もしもSAS団が今期アニメをヨイショしたのなら”。さっそくですがくじを引いてください」
B:「略して“もしアニ”のありきたりな企画だよなあ…(ゴソゴソ)これで」
A:「オリジナルモノ。やっぱりいろはだよね」
B:「タイバニ覇権!にしてもここまでオリジナルが元気なことがこのクールの大きな収穫なんですけどね」
A:「あの花は前評判通りの出来だけど、予想と反する展開になってるところが意外ってのか、それもオリジナルの良さ」
B:「よくある話にさせてないところが磨里ちゃんのテクニックだろうけど。これもいろはもそうなんだけど、必要以上に商業主義の匂いがしないんだ」
A:「そこの部分に関してはDOG DAYSが全てを担ってるんじゃないだろうか。ネームバリューで押してきたけど、少し印象に欠けるってのか」
B:「おい、奈々ちゃんとほっちゃんの悪口はやめろw ただ一昔前に通用したやり方では限界があるのかなって見えた。それか戦略的にこのクールにぶつけてきたことが間違ってたのかな。他のクールだったら上位に…」
A:「個人的にはC→あの花ってラインだからCも盛り上がるのかと思ったらぜんぜん盛り上がらなかったね…ノイタミナ枠なのにみんな薄情だな」
B:「Cは世界設定とかは良いけど、肝心の部分がダメでプロモーションの部分でもアピールできなかったことがマズかったのかな。次はあなたがくじ引いてよ」
A:「(ゴソゴソ)…次はAチャンネルどうなのよ3位という高評価なのにこの後向きなテーマはどうなのよ」
B:「一番の問題は挿入歌を作品の売りにしてしまってるところ。毎週毎週微妙なタイミングで流れてくるアレには、どうしても見てる側からしたら調子が狂うわけですよ」
A:「挿入歌を無理して作ってるような印象がする。もしかしたら挿入歌を売りにしてることは萌え+日常系のゆるーいジャンルにおいての差別化を図ってるんじゃないかなって推測。ただ、差別化を図った結果が挿入歌の印象が全く残らない」
B:「そう!これって挿入歌の価値を一気に下げてることになるんだね。本来こういうことについてはメディアでもあるアニソン雑誌がはっきりと言わないといけないんだけど、リスアニは言えないだろうなあ…ソニーの犬だから余計にね」
A:「本編について触れてないけど、カット割りとか若干シャフトを意識してるのかな?あとユー子が総受け状態になると話の内容はつまらなく誰得状態になるけど、トオルとユタカやミホが絡みだすと俺得で面白いって考察。じゃあ次引きましょうか」
B:「これ、企画に反して全くヨイショしてないよなあ…。(ゴソゴソ)次はちゃんとヨイショ出来るテーマをだなあ…今期のババア枠についてアスタロッテのおもちゃの皆口裕子最高や!」
A:「電波女の女々さん39歳最高や!…全然そういう風には見えませんが」
B:「タイバニの甲斐田ちゃん!いろはの能登ちゃんもいいぞ!→あれはババアじゃないかw」
A:「あの…ちゃんとキャラ名で語ってあげようよw ババア枠も充実で今期は楽しいですね。(ゴソゴソ)…次は日常
B:「ヒャダイン最高や!カカカカタオモイ最高や!男性ボーカルがアニメとバッチリ!!」
A:「全然心に思ってないことをw」
B:「シャケとか飛ばせたり意味不明なギャグを表現できるのは京アニだけだぜ!凄いよこのアニメ!面白すぎる」
A:「むかつくわw」
B:「ヨイショを言い続けるってのは無理だわw なので今回は事前にこの推薦文を書いたので最後にこれを読んで欲しい」
A:「どれどれ…」

ただ、もう何言ってるかわかんないけどぉ
ただ、俺マジで30歳の保健体育好きなんですよ。
マジでこの作品面白いっす。実写パートが打ち切られて1回で2週分もチェック出来て、ホント30歳の保健体育って最高だし、まだ保体の良さを知らない人もいると思うけど、ハウツーアニメみたいな存在っていうのをアピールしたいし、ホント保体って最高なところを視聴者に見せたいので、これからBD、DVDのリリースは続けてください。本当にありがとうございました。