Letters to U

Letters to U

Letters to U

この人はどうしてもガルデモ(Girls Dead Monster)の影響が強すぎるからソロ活動ではどういう方向性になるのか気になって聴いてみた。
楽曲的にはガルデモの頃の方向性を踏襲している。それに加えてガルデモの時にはなかった“疾走感”が全体的に出ていた、メロディ重視のロック。これがLiSA独自のやりたい方向性なのかなって感じた。
基本的にどの曲も当たり曲。ガルデモの延長線上のような“ミライカゼ”や“妄想コントローラー”。“覚醒屋”はちょっとパンク寄りの曲。ストーリー仕立てになってる“エスケープゲーム”は面白い曲でした。楽曲は全て違う作曲家に発注しているが、出来上がった曲を聴いたら、どの作曲家もイメージしてる彼女の方向性ってのは同じように感じた。あとはLiSA自身が自分の曲に出来るかどうか次第なんだけど。