今週末のアニサマに向けて見所を考えてみた

今週末はAnimelo Summer Live 2011-rainbow-でこの時期になるとこのイベントに対して色々と文句を言ってるわけだが、今年は実際に自分の目で見ることになりました、つまりアニサマ参戦ってこと。
まあ、今まで現場を見ないで印象論だけで語ってたのですが、さすがに説得力が無くなってきて限界が近かったこともあったのだけど、実は数年前から見たかったイベントになっていたんですよ。あのやり方が会場をどういう雰囲気にさせるのか自分はこのイベントをどう感じるのかって部分が気になるところであり楽しみでもある。
基本的に出演アーティストに対しては期待や印象って掛け値無しで見たいわけだが、好き嫌いってものがありまして全アーティスト好きってわけではない。JAM PROJECTの時に着席プレイしたいんだけど…出来るのだろうか。このグループが2日間とも出る意味がどこにあるのかは気になるところの一つ。
27日はステージ次第で印象が一発逆転するかもしれないメンツが多いが、注目は飛蘭fripSide。このアーティストは自分が思ってる以上の実力ってものを発揮できるのかって部分に注目。曲推しってよりもそういう部分で注目したい。28日は煌びやかで4番打者コレクションのように見えるメンツが揃ってるが注目は石川智晶RO-KYU-BU!。前者は純粋に見たいアーティスト、おそらくあの作品の曲だろうけど楽しみである。後者は今回の目玉ユニットでプレイボーイが“声優界のドリームチーム”って言うくらいだからあの曲で凄いステージングを見せてくれる…はずってハードル上げてみるw
あとシークレットで放課後にお茶会する5人組バンドが出るとか出ないとか噂になってるが、これは無いと見てるんだけど…そこまで出るイベントでも無いし、今のプロデューサーがブッキング出来るとは思えないし、このイベントでの旨味が無いし…。私の予想は秘密基地をキャスト3人とあのバンド演奏で!だけど、これまた自分の予想は基本的に枠を飛ばないから期待するんじゃありません。