佐川印刷2-1カマタマーレ讃岐:この内容では昇格無理でしょう

カマタマ惜敗、佐川印刷に1―2/JFL | スポーツニュース | 四国新聞社
太陽が丘、アクセスもそこそこで山の上だが環境は抜群なスタジアムでした。しかし宇治までが遠いんだよなあ。

前半のセットプレー2発でカマタマは沈んだわけだが、防げたシーンかって言われたら防げたと思う。つまらないファウルとCKを簡単に与えてしまったことを修正できれば。ただ、それ以上に我慢する時間帯であることを理解出来てない選手が多かったことが佐川印刷との大きな差になったんじゃないかと思う。



前に布引で観た時と比べたらガラッと変わった陣容。3−5−2で左の下松を使ったチャンスメイク、クロスは上がるもこぼれ球に反応出来ない。2列目3列目の選手が押し上げないとこのサイド攻撃は機能しないわけで、そういう意味で3列目の綱田と喜山はちょっと残念だった。後半の得点シーンで右からのクロスに下松が飛び込んで合わせるような形が継続するのであればこの戦術ってのは十分使えるのだが。
サイド攻撃よりも気になったのが、おそらく負けが込んでる時に色々修正したんだと思うが、「縦ポン」の使い方。縦ポンは否定しないが、西野と福嶋の2トップどちらも前線でのポイントになるわけでもなく、器用な部類の西野がサイドでチャンスメイクのシーンでこの戦術ダメだなあって。40分で福嶋が下がってしまうが、これは監督の責任だと思うなあ…。まあ、前線でのポイントではなく裏に抜け出すボールの連発にもうちょっと落ち着いて攻撃できないものかって感じる。守備はねえ、3バックで足の遅い選手を使うのは…これだったら4バックにしたらって。根本的にどういうサッカーを目指してるのかの本質の部分が見えなかった。前観た時もこれ香川県民が共感できるサッカーなのかって疑問に思ってたけど、今はより迷走してるんじゃないかって。

この試合見て成績面でもJ2昇格ってものは無理だし、成績面でも運営面でもJFLで3年やらないと難しいことがはっきりわかった。その3年の間でクラブとしての基盤やアイデンティティーを築いて欲しいわけだが。丸亀に1万人集めたニュースを見て生き急いでるよなあって心配してるのだけど。地に足をつけたクラブを作ろうよ。