2011年紅白歌合戦反省会

今回の目玉がガガなのか椎名林檎なのかあの親子なのか長渕なのか最後まで見えなかったけど、早送りしながら最後まで見てガガだろうなあって結論に達した。でも、トータルで見たら石川さゆりが半端なかった、その後のアレのソロパートなんか聴かされたら段違いの差になりますよ。そんな感想を大晦日に語りたかったが実家のテレビにおいてのやる気の無さってのか全く見ない環境ってのもどうなんだろう…リア充()な環境だな。


さて、水樹奈々ファン的にはPOP MASTERって選曲にしたのはどうなのよ?って思ったら、出だしが微妙で何か力を出しきれないまま終了したって感想。客席の空気も微妙だった、曲終わりのおまえらの声援はいつも通りだがw
個人的に今回の出場は無いって思った理由に、昨年のPHANTOM MINDSで赤リウムを使ったことで今回の候補のSCARLET KNIGHT純潔パラドックスが選びにくいのでは?って推測。曲調や世界観も似てることも大きいって推測も上げたのだが。これだったら昨年と同じような方向性でも良かったんだけど、彼女のもうひとつの武器でもある応援系ソングで勝負したかったって狙いもあったのでは。まあ、爆死アニメのタイアップ曲だったらPOP MASTERのほうが…って極論な推測もあったけどw 心配されてた視聴率も若干上がってたみたいで、これは前の細川たかしが盛り上がったかーらーの流れに乗ったって推測が容易に出来る。やはり順番とか大事だなってことを改めて認識した。