SAS団2012冬クール4

なかなか書くタイミングがつかめなく2月を迎えたわけだが…もうそろそろあのランキングの時期でもありますね。だいたい今期のイメージは出来てきた。


男子高校生の日常
ギャグ枠ってことでそこそこ面白い内容、ちょっとシュールかな。ただ1ネタごとにCM入れられたら見てる側のペースが狂うもので。そう考えると扱いに難しい作品であるのかな。
気がつけば杉田のオンステージになる回もあるけど個人的には面白いからそれで良いんじゃないかな。それ以上に女子高生は異常における小林ゆうの壊れっぷりは凄いw
で、噂のED差し替えは別に影響ないように思える。OPもそうだけど作品とのギャップを狙いたかったのかなって思えるのだが、改めて曲選びってのは難しいことがよくわかった。
輪廻のラグランジェ
今期はこの作品じゃないかな?って思ってる。まるっ!
派手すぎず地味すぎず有事すぎず日常を絡ませながらスケールが大きそうに見えてそうでもない最近のロボットものですが。一番大きいのは「鴨川」って場所を設定させたことなのかな。聖地巡礼とかの副産物とか関係なしで考えると。
全体的に演出が良かったように感じる。1話でウォクス・アウラを上手く見せてるところに…。ベタベタかもしれないけど、良い距離感を保って見れるように思えたから。メカについては良いと思う、世間のトレンドに流されてないところが、他業種と絡むとこういう効果があるとは。
石原夏織はこの声質にはこれ以上の伸びしろがないように感じる。そしてこの声ってのは使い回しのサイクルが速すぎるから余計に心配である。
ちはやふる
関東から1クール遅れでのスタートですが、これも良かった作品。vapって見るとどうしても期待が高まってしまうわけだが、期待通りの結果になりました。
一番は競技かるたに上手く興味を持たせるような内容になってる。ちはやの小学生時代のかるたをするきっかけになった所=回想シーンを時間をかけてやってたのを見て作品を大事に扱ってることがよくわかる。
個人的には瀬戸麻沙美があの世代では一番だと思ってます。
ハイスクールD×D
最近スルーのエロ枠ですが、これは見れるかもしれない。
とりあえず光で隠そうとしないところで好感度アップ。あとドSなひよっちが見れるのでさらにアップ。
内容は良くも悪くもライトノベルだよなあ・・・。もう主人公が殺されるって展開には慣れました。
キルミーベイベー
どうなのわさわさこの作品。
ネタ的には男子高校生の日常と良い勝負かもしれないけど、こっちもほうが力技って感じがして面白いのかな?って。個人的には新井里美の脱力感のあるナレーションがツボ。
耳に残るメロディのOPと謎ダンスのEDとネタには尽きない作品だが、4コマジャンル的にはもう打ち止めのような感じのする作品…複雑だ。