[football][voice]誰とは言わないが… 声優五輪代表ver.シリア戦

今年も声優日本代表シリーズでお楽しみください。
その前に本物の五輪代表についてだが、なぜ山村を使ったのかよくわからない。使って機能すれば良いが終始消えてた…ボランチで消えるってのも致命的だが螢が目立つのもどうよ?って話だが。扇原が入ってボールが回りだしたのが何たる皮肉。監督が信頼してるのが山村で選手が信頼してるのが扇原…この構図がシリア戦の全て。
ロングボールを主体とする戦術を否定はしないけど、戦術に応じたチームマネジメントをするべきなのに、やろうとすることがバラバラなのに「プラン通り」って言うのならもう更迭するしかないですね。
本物とは違ってそこまで酷くはない今回の代表。例によって本来のレギュレーションでは戦えないので+2歳の87.1.1以降での選出。

GK 1東山奈央
16沼倉愛美
DF 2寿美菜子
3大久保瑠美
4小見川千明
5田村睦心
13津田美波
17瀬戸麻沙美
MF 6片岡あずさ
7金元寿子
8早見沙織
10悠木碧
14日高里菜
15三上枝織
FW 9竹達彩奈
11伊瀬茉莉也
12茅野愛衣
18中島愛

フォーメーションは

ーーーーーーーーー竹達ーーーーーーーーーー茅野ーーーーーーーーーーーーー


ーーーー早見ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー悠木ーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーー片岡ーーーーーーーーーー金元ーーーーーーーーーーーーーー


ーーーー津田ーーーー田村ーーーーーー小見川ーーーーー寿ーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーー東山ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アウェイでの大一番ってことで攻守のバランスを重視した4−4−2を選択。中盤でボールを奪い両サイドのスピードを生かしたシンプルなカウンターか前線の茅野に当ててサイドに散らしてのサイド攻撃のシンプルな戦術。ポイントは茅野のボールキープと中盤でいかにイニシアチブを取れるか(これはドン引きカウンターとは違う)。今回の代表は攻撃のタレントが揃ってるけど実は堅守速攻型のチーム、一番活きるのがカウンター。これは協会から文句が来そうだけど出来もしないロングボールを使うよりは現実的。あと、育成って面でも効果的かな?って考えてる。
理想を言えば茅野を1.5列目か2列目にしての4-4-1-1か4-2-3-1だけど、それだと竹達をい使えなくなるので並べたほうが現実的。それだったらトップ下からの飛び出しの出来る悠木を使う。劣勢時は早見をボランチに下げてまめぐを2列目投入で勝負に出るオプションはあるが…SBとの相性を考えるとリスクを伴う4-4-2うーん…難しい判断を強いられるわけだ。