2/12 飛蘭 LIVE TOUR03 -ALIVE-@umeda AKASO

まどかマギカ展の後、AKASOで飛蘭ライブを観てきました。実は前日のゆかりん@奈良のチケットが取れる?って情報があってなかなか動けなかった経緯があって…(正直当初から話半分で聞いてましたが)。
当日券を購入して会場へ、客入り的には8割くらいの入りかな、動けるスペースもあった。一番後ろで見ようと思ったが、よく動きそうな人が居たので1つ前のブロックで見ることにした。

セットリスト
M-1.ALIVE
2.しずかな蜜より赤い蜜
3.本能のDOUBT
4.灯 - TOMOSHIBI -
5.亡霊達よ野望の果てに眠れ
6.INFINIT CRISIS
7.PIANOTE
8.DEAR BEST FRIENDS
9.正直に生きろ!
10.素晴らしい世界へ
11.I don't know
12.記憶の秘密
13.蒼穹の光
14.Blood teller
15.Dead END
16.Last vision for last
17.螺旋、或いは聖なる欲望。
18.Errand
19.mind as Judgment
EN-1. MOTHER!
2. LOVED SEASON
3. Never Slash!!

初めて参加したライブはシンプルでロックなステージで、聴きたい曲は聴けました。本編ラストが螺旋→Errand→mind as judgmentはかなり盛り上がった。mind as judgmentは一生モノの曲だからこの先も大事にしてほしい。
MCが噛みまくりで、しかもカンペ持参www→思いっきり目線がカンペに。アンコールでの魔法のステッキを使っての無茶ぶりが面白かったです。
飛蘭のライブイメージとして、バルログ祭り的なイメージがしてたんだが、実際行ってみると別にサイリューム無くても楽しめたり(Errandで隣の人が黄色4本バルログしてましたがw)、バラードではリューム振らずにじっくり観てたりと久々にファンでイラッとしないライブで、ファンの熱量やベクトルが同じ方向に向いてるように感じた。
印象的だったのは、未来日記のEDのblood teller。ただしDead ENDはちょっと違うんだよなあ。
個人的にはPolaris>ALIVEってアルバムの評価。MCでも言っていたのだが「色々な音楽をしている」のが今回のアルバムで、それが上手くハマってない。"亡霊達よ野望の果てに眠れ""灯-TOMOSHIBI-"みたいな曲が好きなんだけど…これは模索してるってより迷走してるように思える。これプロデューサー変えたほうが良いのかな?って。