[voice]突発的に声優アワード反省会が行われました。

先週の土曜10日の夜、4年ぶりに突発的に行われた声優アワード反省会。個人的には4年前はオープニングから「なぜ釘宮を選ばないんだ!?」で8分語るようなことも無いので話を聞く側になるだろう…って思いましたが、最終的には本題とずれた声優論で盛り上がる展開になりました。収録時間が1時間48分だから、サイキック青年団と同じくらい語ったってことか!?
ここで語らないといけないのが、少し前のエントリで今年は三上枝織がブレイクするって予想をしたのだが。個人的思惑としては今年飛躍して来年の声優アワードで新人賞を受賞するってシナリオを描いていたのだけど…まさか今年受賞するとは思わなかった。それくらいあかり@ゆるゆりで評価をしていなかった。あれで評価されても困る。
そこから青二枠で選ぶならなぜ彼女より実力と実績のある津田美波を選ばないんだって議論にたどり着いて、〇〇〇〇が悪いってオチになったけど。評価の基準がスター性なのかなあって我々がいずれ手のひら返すことに期待しましょう。


もうひとつ語りたかったのが、今回色々変化のあった声優アワード、本当に変わったのは前回まで事務所に打診した段階で門前払いされたのが、今年は各事務所が話を聞いて本人レベルまで話を届かせてること、受ける受けないは本人の判断に任せるレベルになったのでは?って説。それは昨年の主演男優賞該当者なしや今年の助演女優賞が一人、授賞式の出席率を見ると繋がってくると思ったのだけど。

本来ならもっと資料を用意して色々な角度からぶった斬る反省会にしたかったのだけど…例えば某大学声優同好会のセイレーンの検証とか。