[football]大阪ダービー感想

諸事情で観に行けなかったのでテレビ観戦。実際行ってたらガチ泣きだっただろうなあ…。
思ってたよりも相手が怖くなかった。結局シュートはボックスの外からしか打たせてないので守備も楽。思った以上に相手が劣化していたってこと、色々過渡期なんだろうね。
印象的だったのは、守備の時に4-4のラインを作って網をかけるようなやり方。これは昨年までの個人能力で守るやり方からは無かったやり方、ハマったらラインの間で囲んでボールを奪うってシステマティックな守備が見れるとは。
攻撃はフィニッシュの前の精度がちょっと足りないかな。ただ、個人的にはボールポゼッションは1つの手段で本来狙ってるのは1点目のような最終ラインからカウンター気味の縦に速い攻撃であって、そうなることでポゼッションも出来る。攻撃における緩急がつけれるかってところ。
ケンペスはオンザボールでのもたつきは課題だが、身体の強さはあるしここ一番での勝負強さを持ってる選手に見えた。ゴールを量産するタイプじゃない。
ブランキーニョは前を向いてボールを持つとYoutubeで見られたプレーが出来るわけで。スペースを蓋されると厳しいけど、1点目のようなプレーが得意なので周りが生かし始めたらもっとフィットすると思う。


で、試合よりも騒がしいのがエレクトリカルパレード
http://www.youtube.com/watch?v=2t-PLXb6fE0&tw_p=twt
これは「プロレス」の一貫としてのものなのでマジで捉えてほしくない、お互いに。コアVSその他ファンって構図になってしまったことに凄い違和感がある。どこの現場でもそうなんだけど、お互いが割り切りながら、寛容に対応していくべき。追い出せば全て解決すると思ってる人間が多すぎる、余裕無さすぎ。
だからあの動画で過剰な反応するのが違うんだよ。