3/11 nano.RIPE tour2012「雪でのハナシ」ココロフレーク大阪編@DROP

ワンマンと思ってチケット取ったら対バンライブでした。
それでも対バンは新しい出会いのあるライブでもあるし、楽しみでもあります。この日の目的はこのライブのホストでもあるnano.RIPEのパフォーマンス。

DROPって初めて行く箱。クラブイベントで使われる箱だから下のNEOから四つ打ちリズムが感じられたりした。

   ・Hekate
3人組バンド。ボーカル&ベースの目の前にMacが置いてあった。そのMacを使ったバンドサウンドとテクノを合体させたような曲。ラストの曲のイントロが“Tell Your World”っぽかった。

   ・HOOVER’S OOVERS 
女性客の一番人気はこのバンド。やたら早口で渋谷系ポップ、ボーカルが花澤さんぽかった。

   nano.RIPE
もう少し落ち着いたイメージのパフォーマンスになると思ったら予想以上に激しかった。“15秒”ではモッシュが発生、このファンの動きが予想外だったので逆にびっくりした。これnano.RIPE主催のライブなら良いけど、ランティス主催だったら絶対アウトだろうなあ。メンバーも「動く」ことをフロアにリクエストするバンドなんだね、こういう「動く」バンドは好きですよ。
一番聴きたかった曲は“パトリシア”MCできみコが「最高級のラブソング」って称した曲に心震えた。よくあのボーカルはYUKIに似てるって言われるけど私はそうは思わない、それは多分ファンタジーが足りないから。所々に物凄く伸びるようなボーカルに光るものを感じたのだろう。
そういえばA FES出るみたいだけど全席指定のライブで大丈夫なのかなって思うわけで。

あと、そっち系の客が来るとか揶揄されてることがあったけど、別にどっち系でも関係ないけどそっち系最高や!って言ってみる。