[music]金曜の夜にオタク情報番組が始まったわけだが

オタク情報番組ってのはどういう方向性で作るのか気になってリスアニ!TVを見たわけだが、M-ONソニーマガジンズに買収されたこともあって扱うネタもそうだけどソニー寄りの内容でしたね。
アーティストの素顔に迫るような内容ってのは現在のオタクが欲しい「情報」であるかは正直疑問であるが。アーティストってのは歌ってナンボなところがあってステージよりも素顔を見せるってのは個人的にどうなの。花澤香菜のロケ企画のかなだけとか寿美菜子の対談企画とかkalafina の原点を辿るロケなど…現在のオタクが盛り上がりそうなメンツだよなあ、良い悪いは別に。

さてリニューアルしたMAGネットでは西川先生が登場しましたが…なんか楽しそうだったなw よくありがちなアニソン語りがあったけど、取り上げたキーワードが語りつくされたと言うか成熟化されつつあるからここはもっと深い話を兄貴から聞きたかったのだが、ブレーンが喜屋武ちあきだからそれ以上のことは。プラチナを推す件なんかは菅野よう子=芸術ってヨイショするのが気持ち悪かった。芸術として捉えられると逆にこっちのほうが身構えてしまう。
ただ、「アニソンは生き物」って考え方は個人的にはアリだと思うけど。