4/14 Minori Chihara live Tour 2012〜D-Formation〜@神戸国際会館こくさいホール #dftour 


桜の良い季節にみのりんツアーで神戸に行ってきました。

神戸国際会館ってアクセスが良くて周辺に時間を潰せる場所も多く、別に関西は大阪でやるよりも神戸でやっても良いのでは?って。

セットリスト

M-1.D-Formation
2.Dream Wonder Formation
3.嘘ツキParADox
4.雪、無音、窓辺にて。
5.Metamorphosing Door
6.Planet patrol
7.KEY FOR LIFE
8.蒼い孤島 (メドレー)
9.輪舞-revolution (メドレー)
10.この世界のモノでこの世界の者でない
11.IDENTITY
12.X-DAY
13.Defection
14.暁月夜
15.Celestial Diva
16.Paradise Lost
17.TERMINATED
18.Tomorrow's chance
19.アイノウタ
20.夢のmirage
EN-1.HYPER NEW WORLD
2.Lush march!!
3.純白サンクチュアリィ
4.Freedom Dreamer

とても良かった、大満足の内容のライブでした。
まずセットリストが面白かった。新曲と既存曲を除くとアルバムD-Formationの曲順で構成されてるわけだ。そういう意味での「フォーメーション」だったわけか。文字にするとわからないけど、ライブの進行と共に「あれ?これって…」に気付いたわけですが。
アルバムの曲順から既存曲や新曲を肉付けしたような構成って言い方もあるけど、アルバムのコンセプトでもある電脳世界に迷い込んだアリスに近い“雪、無音、窓辺にて。”を入れてくるところはよく考えられた選曲だと思う。MCで“Contact”に近い路線に原点回帰したと言ってるが、個人的にはContact以上に深い世界に進んでるのかなっては感じた。
ステージングではギター、ベース、バイオリン、みのりんの5人が一列に並ぶあまり見ないような珍しい立ち位置での「フォーメーション」が見れたり。バイオリンの大先生の激しさにはあまりそういうイメージが無かったのですが、“暁月夜”でのハッスルぶりは凄かった。
あと衣装、最初の白がとても良かった(黒髪に白って最高の組み合わせですよね)青の衣装でのへそ出しには(モロじゃなかったのが残念)衣装よりも絶対領域をガン見する太腿マニアとしては最高でしたね。
MCでは今回のアルバムI'veから楽曲提供された話があって、札幌にあるI'veのスタジオでのレコーディングをしたそうで。斎藤Pが迷子になってる時にみのりんが転んだ模様がDVDに映ってるらしいがwスープカレー食べて辛くてお腹壊したとかw


さて、2階席でライブを観てたわけですが、変な事をするファンや厄介系ってのは来てなかったように見えました。色々な禁止事項や新たに「サイリュームやフラッグは片手に1本しか持てない」ってルールが影響してるのかはわからないが。ただ、ルール上のギリギリの範囲でリュームを振ってたファン(1本ずつ持ってぐるぐる回しながら)は居た。個人的にはアリだと思うし、そのファンこそ真の打ち師じゃないかと思う。
関東の惨状については知らないので言及しないが、ヲタ芸をするファンを追い出したことが3階席を開放せずに2階席がガラガラってことで結果ファンを減らしてることを考えないといけないことじゃないのかな。個人的には打ち師の存在を否定しません、その…誰かを「傷つける」ことの代償についてはお互い考えないといけないと思う。禁止したり追い出したりすることが根本的な問題の解決になってないから。
最近では「マナー違反」って言葉がいつの間にか間違った正義感や価値観を押し付けられるようなことがあるように感じたから。

まあ、逆の見方をすると「今こそ茅原実里を応援しよう!」って状況でもあるわけで。これも地方で限ったことだけど関東よりも地方のほうが純粋にみのりんを応援できる空気になってるのでは?と思ってる。これで関東が死地みたいになる展開になれば最高って思ってるラノベ脳w

思ったよりも女性ファンが増えてて嬉しかった。