あっさり完勝だったマンチェスターダービー

  マンチェスターシティ1−0マンチェスターユナイテッド
どうしても語っておきたいんだ。
戦前の予想として「進退を賭けて挑むマンチーニが果たしてこのダービーで勝負師としての姿を見せるのか!?」って言うも「無いなあ…」って嘆くような予想は終わってみれば勝負師よりも守備の詰め将棋をしてあっさりと勝っちゃったシティ。誰が見てもスコア以上の完勝でした。

じゃあ何が良かったのかってなると、ルーニーに蓋をして全く仕事をさせなかった守備陣、ユナイテッドが引き分け狙いでなぜかシティと同じように中盤を5枚にするも攻守に機能しなかったこと。それ以上に大きかったのは技術よりもフィジカル重視の試合をしたこと。DFは相手の攻撃を壁になってはじき返し、中盤はヤヤ・トゥーレの無双っぷり、前線はテべスが走り回ってアグエロが仕掛ける…確かに敵陣でのプレー時間が多かった。あと、ユナイテッドはどうしてこのスタメンだったの?もある。Goal.comの採点って本当に正直。

試合終了後はマラドーナさんもノエルさんもみんな大喜びで歌ってたけど、優勝するには残り2つ勝たないとダメなので、やはりマンチョは進退を賭けて戦うべきだが、次はニューキャッスルってのがダービー以上に厳しい試合になる気がする。