[event]マナーが悪いとか規制しろって言う前に考えてほしいこと

\規制は反対だ!/今日もお疲れ様、疲れる話かもしれないがお付き合い下さい。
このブログ的にはライブでのマナー問題を取り上げてるが、今回はライブでのトラブルについて自分の心身に感じてるところを書いていこうかと。


ヲタ芸→これでも07年くらいは自分もヲタ芸に関してはかなりの抵抗感があった。ライブってよりもクラブイベントで。ぶつかりそうになったりして危ない場面が多かった。当時は高圧的な態度のように見えた。今では一周回って別に気にならなくなった。認知されたってより棲み分けが出来たのかなって。
バルログ→うーん…やってもせめて2本くらいかな。主にUO使い出した頃かな。でも個人的にはUO連発で使うことは好きではないので限られた本数で使うような方針だから。
・閃ブレ、改造ペンライト→興味なし! イベント行き始めた頃は丸腰状態ってのか何も持たないスタイルで腕を振り上げることが当たり前だったから。
・奇声→これって昔からあるわけで…。演者に対してかまってちゃん系な発言が中心で、それを演者は上手く交わしたり無視したり。そんなものでしょ!?
・お水美味しい?→これは奇声と同列で扱うのは違う。俗に言うネタ的発言に近いわけで、それでウケるかどうかとか求めてるわけでもない。ただ、そこで演者側がノリ良くて受けてくれて会話が成立したら最高だけど…一番ライブ感が伝わるやりとりだと思うが。
・回ってー!→お水美味しいが叩かれるのならこっちが叩かれるのでは?って。これもそうだけどライブにおける様式美のようなもので、演者がその気なので、そこを理解してくれないと進まない。
・手拍子→これの規制もわからない。



まあ、こう纏めてみたわけだが客目線になってしまうので演者や運営がなんとか出来るんじゃないのって考えになるが、お水美味しい?や奇声の件で「ファンと演者との距離間が悪過ぎる」と感じてる。ファンと密接な関係を作るよりもある程度の距離を取ったほうがお互いが傷付かない関係が作れる。どことは言わないけどファンに媚びてるよりは健全な関係が築けるんじゃないかな?
「ライブをつまらなくしてるのは誰だ?」って犯人探しをするよりも「どうなればみんながライブを楽しめるのか」って考えてると、誰かが今のイベント現場は桃井はるこのIVY〓アイビー〓と同じ世界観だよなあ…ってツイートを見てなんか共感できた。歌詞の中に「ぶら下がるだけのクラスタになりたくない」って。ああ…最近のファンはぶら下がるだけのクラスタだわ、ようやくモモーイの世界観に現在が追い付いたのか!?って。結局「現状満足してるのか」って個々の意識の問題で変わるのか変わらないのかの選択を迫られてるのか。

自分は何時までも色褪せない空間を残してほしい、イベンターもイベントに参加してる人間はそう思ってるはずだ。だからこそ規制を声高に叫ぶ前に立ち止まって考えるべきではないか。