6/25 LiSA LiVE is Smile Always 〜LOVER“S”MiLE〜@Zepp Namba


今回は出来たばかりのZEPP Nambaに入るのも楽しみの1つ。
新築なだけあって綺麗(当たり前だ)でZEPP OSAKAの頃は横に広いってイメージがあったけど、縦に広い長方形型のライブハウスのように見えた。この会場でスタンディングで楽しみたかったが、なんと指定席。私は2F席だったけどライブハウスに椅子を置くってのはうーん…って思うね。
ライブはアサシンみたいな格好で"優しさに辿りつくまで"を歌ってからフードを脱いでいつものLiSAのライブスタイルに。何がびっくりしたかって日比谷野音で"now and future"をやらなかったこと。これは意外ってのか、衣装替えの時のバンドインストでやってたジャズアレンジも良かった、あんまり評価されてないけど…。
いつものライブスタイルってことは"ROCK-mode"から当然のようにコール&レスポンス。"エスケープゲーム" での声出し大会は餃子vsチーズケーキ、MCで王将と大阪王将は違うって時に客席は大阪王将disられてたけど、大国町から行く途中にあったので何も言えねえ状態w
ガルデモ曲は2曲。"一番の宝物"と"crow song" 前のライブでもそうだったけど激しい曲からのバラードってやり方好きだよなあ。完全に封印かと思ったけど、盛り上げるためには必要な楽曲。
新曲は"oath sign"よりはLiSA色が出てて安心した。作品のこととか言わずに唐突にやったのはビックリしたけど。そういえば配布物にソードアートオンラインの小冊子があった。あれは相当金かけてると見るが…作者がアクセル・ワールドと同じ人か(。・ω・。)…儲けるなあw その"oath sign"は曲の特徴からして最初か衣装替え後じゃないと使えないって問題が。前奏からの世界観はLiSAの楽曲の世界観から浮いてることはしょうがないけど。
選曲などの細かい演出が面白かったんだけど、一番はWild Candy→無色透明の演出。倒れてドラムのリズムで立ち上がってのサビからの入りは圧巻でした。あまり見たことない演出だったから余計に。
アンコールは前日誕生日だったのでサプライズのハッピーバースデーo(*⌒O⌒)b→ケーキ登場でクリーム舐める→太るぞってヤジw 前列は弾幕作ってたみたいでした。


日比谷野音と同じようなセットリストだったみたいで、曲数のわりには長かったなあって感じるライブ。客席を煽ることは上手だったからそれで時間使ったのでしょう。
演出面とかでは成長した部分は見れたと思うけど、パンクの部分を強調するのなら客席にはもうちょっとコール&レスポンスやアンコールの声量が欲しい。それは最後のジェットロケットの時に感じたわけで…。
終演後はバンギャみたいなファンが騒いでたなあ…そういう意識の高いファン層。



1  優しさに辿りつくまで
2  ROCK-mode
3  now and future
4  笑ってほしくて
5  花とミツバチ
6  エスケープゲーム
7  一番の宝物
8   ナミダ流星群
9  oath sign
10 EGOiSTiC SHOOTER
11 crossing field(新曲)
12 CrowSong
13 永遠
14 妄想コントローラー
15 WiLD CANDY
16 無色透明
17 LOVER"S"MiLE
EN‐1 Believe in myself
  2 ジェットロケット