BRIGHT STREAMから例の文章の考察

BRIGHT STREAM

BRIGHT STREAM

何が「王道」なのか正直わからないけど、曲全体から真っ直ぐな感じが伝わってくる熱いポップス。だけどTVアニメ版と劇場版の曲の世界観とか考え方が変わったのかな。ゴテゴテしなくてもっとシンプルな曲が好きなんだけど。全力ダッシュで走り抜ける曲も良いけど緩急をつけて表現するボーカルもあっても良いと思う。
"Sacred Force"はそれ以上にねえ…って、挿入歌とか以前に。ラストのサビでの高音連発を聴いてももうちょっと使い方があるでしょ。
一番良かったのが"FEARLESS HERO"で、エレガっぽい曲だけどこれくらいの疾走感がちょうど良くて。


で、今回のよく売れてて売上記録更新するんじゃないの?ってことだが。平安神宮の応募シリアルナンバーがあるわけで。複数のアカウント作ってまで行きたいか?ってなるとそこまでじゃないので基本的に…「当たれば良いなあ」ってスタンス。
さて、おまっとさんでした、例の文章です。
水樹奈々 公式サイト NANA PARTY
公式でこういうコメントが出ましたが、色々な方面への配慮しながら気を遣ったコメントに徹してると同時にこういうことを言わせて申し訳ない気持ちになった。
今回のポイントは具体的な禁止事項を入れてないところ。もし入れてたら悪者を作るような状況になりうるわけで。そしてこれで関係無いファンまでも不安に晒されるし傷付けるようなことになりかねない。おそらく運営側的には「笑顔でライブを楽しんでもらうためには、こういうこともあるよ」って明確な目的があっての見解と捉えてる。
ただ、このコメントで一番怖いのが必要のない拡大解釈。
水樹奈々コンサートが「オタ芸」で荒らされる 規制の対象「DD」とは何者だ? : J-CASTニュース
DDってのは1年前から急に増えたわけでもなく、10年前から存在しているわけで。自分も色々なイベント参加してるからDDって言われてもおかしくない。
3年前から声優のコンサートに通うファンにとってはこういう存在を知らないだけの話で気持ち切り替えて認識しようよって話だが、3年も通っていればそれなりの経験が積めるはずなのに…視野の狭いファンの戯言と言われても。
むしろライブに行けば色々な客層が存在することは当たり前なのに、いつの間にか一体感や統一感が声優のコンサートの誇りって言うのは声優のコンサートを表現していないと思う。
結局DDを追い出せば良いって風潮、ヲタ芸が諸悪の根源みたいな風潮は間違っていて、この業界における同族嫌悪っぷりが激しい。そもそも何が悪いと言ってない段階で好き勝手に拡大解釈して面白がってるファンが私は不愉快で追い出すべきファンだと思う。
捉え方1つ間違えるといじめの構図と同じですよ。そして、そういうファンはこんなネット界隈には出没しないので不毛な議論になるので、それだったら明確な目的のためにファン一人一人がどうするべきかを考えて個人が実行することが一番建設的な話で。
一番怖いのがこれでファンが萎縮しちゃうこと、それは避けたいですね。