Arimanime2012

まさかステージが川辺にあるとは思わなかった、ある意味凄いロケーション。
何年も大阪に住んでいても有馬温泉には行く機会が無い、行ってきた人間からの土産の製造元が塚口でウケたことくらいか。
行くまでに時間がかかった、新開地からぐるっと廻る感じで行ったが1時間近くかかった、同じ神戸市内なのに…。もうちょっと早く着いたら温泉に浸かりたかったが。

川辺に作ったステージはこの季節色々な催しで使われてる感じがする。温泉客のためのようなものなので、すき焼き食いながら見れる謎の予約席や居酒屋エリアに一般立ち見と熱い隔離ゾーンという配置。
イベントはモモーイライブ→畑亜貴ライブ→トークショー→有馬ほいほい節披露って流れ。
まずモモーイはこんな温泉街でもいつも通りの内容、晒し者の状態の隔離ゾーンではEXEでのメリーゴーランドとロマンスには一般客大ウケ。さらには川の中に入って打つ人も出てきていつも以上のフリーダムな空間に。あれゲリラ豪雨の影響で流れが速かったから大丈夫かと思ったけど。
さすがにさいごのろっくは歌わなかったけど、仮に歌ってたら腸煮えくり返ってるってことになるよなあ…って心配したので一安心。ラストは畑亜貴と出る&兵庫県ってことでGod knowsで締める。


畑亜貴ライブはキーボードを加えてまったりと始まったが、畑さんver.での太陽曰く燃えよカオスハレ晴レユカイと温泉街に響くうー!にゃー!ってちょっと面白いことに。ラストはモモーイを入れての"LoveLoveLove のせいなのよ"のデュエットで締める。
ライブ終了後そのままトークショーに流れる。質問コーナーと有馬ほいほい節の新しいバージョンの作詞ってことだったが、2人ともお酒も入って気がつけばロフトプラス状態。そういうことなので私も酒解禁。まあ、オチとしては事前に歌詞は作られてたんですけどねw
前日の段階でモモーイのツアーが神戸で開催されるってラジメニアでチラッと発言があったけど、この日も情報が出たのはこれだけ。


主催者側は花咲くいろはの温泉街イベントが大盛況だったから、有馬温泉でも出来るって思ってたけど結果はコスプレとこのイベントでは客は惹き付けるものが…。ただ、有馬温泉の印象を聞かれた時の畑亜貴の「怠けてない昭和な街」って表現はさすがってのか山を越えたらそういう伝統がまだ残ってたと思うと、この街はずっとこのままの街の姿で残るのだろう。