ROCKBOUND NEIGHBORSだってさ、それとイベントについての考え方

えーと、来年1月のフルオーケストラコンサートは申し込みませんでした。
福井の時には行くかどうか絶賛迷い中で一旦は参戦の方向で傾きかけてたのですが、予算の問題と1回目横浜アリーナで観て、どういう景色になるのか想像出来てしまったので。
ぶっちゃけSSAのスタジアムモードでするのなら、大激戦でも良いからオーケストラ環境の良いホールだったり国際フォーラムあたりすれば良いのに…とてもSSAはフルオーケストラの箱じゃないよ。これだから拝金主義って言われても…

ROCKBOUND NEIGHBORS(初回限定盤)(DVD付)

ROCKBOUND NEIGHBORS(初回限定盤)(DVD付)

さて、アルバムは“ROCKBOUND NEIGHBORS”ってタイトルに。なーんか中二病的な「結束」だよね、良くも悪くも。そんな私も中二病(重度じゃないよw)
で、両国国技館での座長公演大いに唄うが開催決定。これチケット代が必要なイベントでさらにe+での申し込みって予測の段階で、すでにトラウマとか不満をギャーギャー騒いでる必死系を見てると
    みんな1枚ずつ買えば良いだけの話でしょ 

って思ってしまう。
ファンの熱意を「拝金」という形で表現することには違和感を覚えるわけで。それだったら成熟したファンってのは自分のペースで自分なりの形で熱意を表現できたらって思う。私はダメな時にダメ!って言えるファンが本当のファンって思ってる、イエスマンだけじゃあつまらない。

最近の現場はどれだけ行ったのかの自慢合戦の場になってしまって、気づいてるのか気づいてないのか知らないけどそれを煽るようにイベントを仕掛ける運営って構図にどうなんだろう?って。「量」や「質」の問題でもない、新規ファンと古参ファンの考え方の問題でもない。単純にエンターテイメントを受け取る側の考え方の問題になってると考える。
なので私は複数枚購入することはしませんよ、1枚だけ買って申し込んでそれで当たればラッキーって感覚で。行けない可能性だってあるんだから…。