緒方さんのツイートの件で思うこと

オマーン戦の最中に違うところでヒートアップ。
まあ、実際の映画館で絶叫上映会みたいなことをしたいってのは違うと思うわけで、これについて言及してるのなら問題ない。問題は自分達以外の現場でも三本締めするな的な言及をされてること。
ステージ側の演者から見える景色と我々客席から見える景色とは別々である。演者側じゃないのでどんな景色かわからない。客席側の話をすると、余韻に浸りたい現場だってある、三本締めをして客席で共有したい現場だってある。それは現場の世界はそれぞれであって、決してステージ上の演者は必死でやったのだからその世界を共有しろって考え方は緒方さんの自分勝手の考えのように見える。演者と客席はある程度の距離感を保ったほうがイベントの余韻が残りやすいと思う。
だからその場その場の臨機応変で対応すべきなんだけど、最近のファンってのは現場のばかず踏んでるけど応用が出来ない…ひたすらインプットするファンが多いよなあ。


三本締めは奥井さんの現場でも初めて見たわけだが、あれってやる資格の人間がやるからリスペクトもありライブ楽しかったお疲れ様な空間が作り出せて、私はとても好きな時間でもある。三本締めに合わせて照明の演出があった時期もあったから演者側も嬉しいものと考えてる。

ちょっと緒方さんの考えにはついて行けない、初号機みたいな暴走だなあ。